FC2ブログ

実践版 孫子の兵法 鈴木博毅

孫子をつらぬく5つの要素

①大きな勝利の90%があなた以外の要素で決まる

②相手に実力を発揮させない方法

③敗北者の行動には共通点がある。それを避けるべし。

④兵を本気で戦わせて200%の実力を発揮させる。

⑤戦うことではなく、勝つことが最終目標である。

1.孫子は不敗を一番大切なものだといった。

・不利な時はやめる勇気を大胆に発揮しよう

・ありのままの人はよく、失敗ばかりの人生で終わる。優れた定石(勝つ方法)をまず身につける。

・敵とは、あなたが新しく始めることである。新しく取り組み始めるそのものです。
新しく取り組むことの情報を全て集めておく。

・勝利のチャンスはあなたがつくるものではない。
 勝利のチャンスを待つため、失敗をまず避ける。

・人の体は環境に簡単に影響を受ける。日当たりよく、精神が晴れる場所に住む。

・弱い自分から、全力を引き出すために。
自分を正しく追い込んで早めに全力を引き出す。

2.敗者の教訓、まずそれを避ける

・歴史を含めた過去を自分への教訓とする。

・全体の8割は常に負け組である。境界線の向こう側にいる2割をまず見つける。

・負け組8割がそこから動かない理由。
 欲しいものに手を伸ばそうとしない人たちだからです。
 勝ち組の2割はいつも不満を抱えています。欲しいけれど、まだ手に入れていないものに
 向かっているからです。

・達成感が欲しければ、まず未達成のイライラに耐える。
 安心が欲しければ、不安に飛び込み克服するのです。
 ところが負け組8割は最初から安心を求める。何かを手に入れる挑戦には不安がつきもの。
 不安がいやな人は挑戦を避けます。

・勝者は手に入れたいものの、逆をまず味わう。

・失うものをイメージすると人は動く。

戦争は国家の大事であって、国民の生死、国家の存亡がかかっている。
失うものを軸にする孫子の思考は不敗を重視した。
当たり前の定石を徹底してマスター、敵を知り己を知ること、本来弱い人間から全力を引き出す。
弱さ脆さを前提に考え、失うものを先にイメージすることが、用意周到さにつながり、人から具体的
行動を引き出す。強さ自分の優秀さを前提に考える人間の計画はずさんで万一の場合はすぐに
ダメになる。

・失う恐怖と不安を利用して自分を突き動かす。

・敵を軽視すれば、負けるのがおちである。
 自分の過去の戦いを振り返り、勝利に向けて手を伸ばす。

3.勝者が磨くべき3つの基本条件

・事前に勝負をイメージし、勝つ条件を積み重ねる。

・5つの基本条件、勝利の目算を高める方法

①彼我の戦力を検討したうえで、戦うべきか否かの判断ができること。
  本当にそれはあなたがはじめるべきことか。

②兵力に応じた戦いができること。
  今の自分の実力に応じた始め方を選んでいるか。

③君主国民が心を一つに合わせていること。
  同じ目標の仲間、応援団を作っているか。

④万全の体制を固めて敵の不備につけこむこと。
  自分の外にある機会に目を開いているか。

⑤将軍が有能であって、君主が将軍の指揮権に干渉しないこと。
  有能なパートナーを選び、相手の実力発揮を妨げていないか。

・戦う前こそ、5つの条件を充実させておく。

・優れた人の意見を素直に聞いて準備する

・戦うことなく目標達成を狙う。

・数分の一の投資と労力で同じ結果を出す道を探る。

4.勝つことが当たり前になる世界へ。

・世の中は当たり前のことしか起こらない。
 3倍早く準備するなら、奇跡や幸運なしに勝てる。

・困っている人ほど奇跡や過激なことを信じやすい。
 正しい判断力がある状態か、自分を常に確認する。

・努力の汗が見える時点で2つのことを間違えている。
 最初から問題が起きないようにする。もう一つは始める前に大差をつけておくべき。

・誰にも気づかれずに目立たない上級な勝ち方を目指す。

・勝ち易きに勝つ。下位企業は叩き続けろ。
 ビジネスでは弱いものいじめは立派な戦略である。

・相手を味方に引き入れたら負けはありえない。
 ライバルを味方にして勝つ方法を考える。

5.孫子が考えるもろい人間とはどんな人か?

孫子は依存のもろさを忌み嫌う。
依存から脱出する5つの方法。

①依存していることが多すぎ、勝利までたどり着けない。

②勝算を高めず、希望的観測ばかりする。

敵の来襲がないことを期待するのではなく、敵に来襲を断念させるような
わが備えを、頼みとするのである。

依存を脱する5つの方法

①万一の場合へ別案を準備しておく。

②前日までにリスクを限界まで解消しておく。

③目標を複数持ち並行して追いかける。

④早く着手して、リスクを事前にあぶり出す。

⑤1つではなく、いくつもの強みを育てておく。

・依存するもろさを嫌い、それを徹底して避ける。

・想定外が起きても目的を達成できる手配をしておく。
 
・脆さを克服し、周囲から信頼される磐石な人間になる。

6.希望的観測という無謀な賭け

・能力が低い者ほど、自分を過大評価する。

・自己を過大評価せず、多くの準備を行うものが勝つ。

・多面的に比較すると、愚かな結論を避けられる。
 1点や感情論ではなく、多面的に優劣を比較する。

・勝算を高めるための、優れた思考モデルを使う。

・単なる勘ではなく、チェックリストで勝算を高める。

・幸運に期待しない者が、もっとも確実な勝者。

・幸運がなくとも、勝てるような万全な準備を行う。

・個人に過度に期待をかけず、チーム全体で勝利する。

7.怒りに身を任せず、選択肢を増やす。

選択肢の多さはすなわち強さである。

怒りは時が経てば喜びに変わるだろう。
だが、国が滅んではおしまいであり、人は死んでしまえば二度と生き返らない
のだ。怒りによってほかの選択肢が目に入らず、国を滅ぼす王になってはいけない。
選択肢が少ないほど脆い。本来、状況に応じて多くの選択肢があるが、怒りで見えなく
なり、無謀な戦いでまける愚か者。選択肢多さは強さなのだ。
戦争の仕方は次の原則による。十倍の兵力なら包囲する。5倍の兵力なら攻撃する。
二倍の兵力なら分断する。互角の兵力なら勇戦する。勝算がなければ戦わない。
孫子の最大の効能の一つは、あなたの選択肢を無限に広げてくれること、逃げる
ことさえ、時には最高の選択肢である。

・怒りに呑まれず、あくまで状況で行動を決定する。

・重要な課題ほど意識して選択肢を増やす。

・肉体と精神の健康のため、選択肢を一つでも多く見つける。

・焦りで潰れそうなときでも選択肢は無限にある。

8.壁を打ち破る間接アプローチとは

・成果を最大化するため、敵が驚くような戦い方をしよう。

・相手が意図しない驚きは高い評価につながる。

・相手が依頼したくなる魅力をこちらでつくりあげる。
 同じ結果を違い方法でできないか?

・同盟(提携)で包囲して戦わずに屈服させる。

・目の前の壁が高く厚くとも、別の場所から勝利をつかむ。

間接アプローチ戦略は孫子の真髄である。

充実している敵には退いて備えを固め、強力な敵に対しては
戦いを避ける。わざと挑発して消耗させ、低姿勢に出て油断を誘う。
イギリス戦史家リデル・ハートと孫子に共通する要素。
間接アプローチ戦略。

①敵を驚かせる要素を強みにすること。

②充実した敵の備えに正面からぶつかるな。

③自分の意図を相手に悟られることは不利。

同じ結果を違う方法で達成できないか。
孫子なら別の場所から勝利を掴む。目の前の壁を勝負に無関係に
すればよい。

9.はじめは処女のごとく、終わりは脱兎のごとく。

・最初は処女のようにふるまって敵の油断を誘うことだ。そこを脱兎の
 ごとき勢いで攻め立てれば、敵はどう頑張ったところで防ぎきることは
 できない。

・相手が心を開くとあなたの言葉は何倍も浸透する。

・警戒させない。警戒していないところを攻める。

・伝え方を変えると、あなたの気持ちは何倍も伝わる。

・作戦の要諦は、わざと敵の狙いにはまったふりをしながら、機をとらえて兵力を
 集中し、敵の一点に向けることである。そうすれば、千里の遠方に軍を送っても
 敵の将軍を虜にすることができる。

・現在の損失を、将来の機会に置き換えて話す。

・詐欺師は小さな約束で心を開かせる。
相手の心を開かせる態度をとることです。相手をすっかり安心させるのです。

・相手の心を開く態度は仕事の評価も高めてくれる。

・相手に準備する時間も、心の余裕も与えない速さ。
 相手の意表をつく速さも成果をあげる武器になる。

10.リデル・ハートと孫子、二人の戦略論の威力。

・敵を分散させるほど、攻撃側は優位に立てる。

・相手の意図がわかっているとき、守る側が有利。意図がわからないとき攻める側が有利。

攻撃が有利なとき、防御が有利なときを判断する方法とは。
攻撃の巧みな者にかかると、敵はどこを守ってよいのかわからなくなる。
守備の巧みなものにかかると、敵はどこを攻めていいのかわからなくなる。

①相手の意図がわかっているとき、守る側が有利。

②意図がわからないとき、攻める側が有利。

勝利の定義を変えた。
米国のウォルマート。相手に意図を悟られない優位性。

驚くほどの速さ。
相手に備える時間を与えないほどの早さを発揮。

違う目標で同じ結果を得る。
有名百貨店で評判になり、全国展開で勝利。

・意図を隠して攻め、意図を見抜いて守ること。

リデルハートと間接アプローチ8箇条

①目的と手段を適合せよ。

②常に目的を銘記せよ。

③最小予期路線を選べ。予想外の行動。

④最小抵抗線に乗ぜよ。抵抗の少ない路線。

⑤予備目標への切り替えを許す作戦をとれ。

⑥計画および配備が状況に適合するよう、それら柔軟性を確保せよ。

⑦相手が油断していないうちは、相手が我が攻撃を撃退し、または回避できる
  態勢にあるうちは、我が兵力を攻撃に投入するな。

⑧一旦失敗したあと、それと同一線(同一形式)に沿う攻撃を再開するな。

・越えられない壁に勝つ。間接アプローチを使う。

・相手の戦場を避け、こちらの戦場へ引き寄せる。

11.永遠の戦略論、孫子の前に崩せない壁はない。

・攻撃の意図を相手に知られない理由とは。
 成功の定義を更新すると、敵は意図を見抜けない。

・勝利の定義を変えると、目の前の壁がすっと消える。

・商品を買う人の、本当に欲しいものは何かを考える。

・違う目標を追いかけて、同じ結果(勝利)を得る。
 同じ勝利が手に入る。迂回路はないか考えてみる。

12.孫子の時間術。時間に価値があるときを見抜く。

時間について敗北者は恐ろしく無知である。
戦場の時間帯に鈍感なものは常に勝利と幸せを誰かに奪われる。
勝者の時間術は最大限機会を活かす。敗者の時間術は最大限時間を活かす。
時間の価値は常に同じではない。絶好の機会が目の前にあるとき、孫子は機会
に殺到し、愚者はこれまでと同じペースを保つ。

勝機を見出したとき、すかさず攻勢に転じなければならない。

戦場の3つの時間帯で行動に激しくメリハリをつけること。

①主導権がまだ定まっていないとき

②実際の戦闘

③戦闘の結果、大勢が決したとき。

勝者は最初の時間帯①に全てを集中し、あらゆる努力をその一瞬に
注ぎ込む。時給で人生を考える者は賢いようでいて人生全体を棒に
振っている可能性がある。

・愚者は人生を時給で考え、賢者は機会をレバレッジで考える。

・効率ではなく、機会に焦点を合わせた時間を使う。

・時間はいつでも同じ価値ではない。

・時間の価値は機会の大きさで測るべきである。

・機会を自ら作ることで時間の価値を高めること。

・機会がない時間に、機会に近づき掴む力を蓄えておく。

・悲惨な境遇でも時間の価値は無限に高まる。

・機会を探し発見すれば、人生は再び光り輝く。

13.主導権がある時間、ない時間を意識せよ。

戦場を区切る3つの時間帯。

①主導権がまださだまっていないとき

②実際の戦闘

③戦闘の結果、大勢が決定したとき

最初の①に全てを集中せよ。

・主導権を手に入れることに最大限の努力を注ぎ込め

・物事を選ぶ、変えることが可能な時間に全力で戦う。

・機会の大切さを知る者は、雌伏の時間に自らを鍛える。

14.時間の経過をあなたは味方にできているか。

・時間の経過に伴う、コストとリスクに注意を払う

・時間の経過で型にはまらず、変化に柔軟に合わせる。

・時間の経過で変化を生み出せるもの。
 新たなものを取り入れて無限に変化し続ける。

・積み重ねたものが無駄になるとき、飛躍を生むとき。
 水のごとく地形に逆らわず、柔軟性を維持すること。

時間の経過を味方にできる勝者。敵に回す敗者。
時間を敵に回す3つの要因。

①時間の経過がコストになる場合、時間はリスクとなる。

②勝者も型にはまり、変化への柔軟性を失う

③新しいものを取り入れず、創造する能力を失う。

水に一定の形がないように、戦いにも、普遍の態勢はありえない。
敵の態勢に応じて変化しながら、勝利をかちとってこし、絶妙な用兵
といえる。

水の流れは高いところを避けて、低い所へ流れていく。
常に状況に正しく応じるというたとえ。

良いことが同じ人ばかりにやってくるのは、機会に寄り添う習慣があるから。
時間の経過で頑固になると、チャンスからさらに遠ざかる。

現在の作業に囚われず、チャンスに目を開いておく。

・人生を時間効率ではなく、機会効率で考える。

15.孫子が説く、トップが果たす役割とは

・戦力の6割は組織の優劣で決定される。
 企業の実力を決める組織力に隅々まで気を配ること。

・トップは全体をきちんと見ているか。
トップは戦場で視野を広げて複数の点を改善すべき。

・トップは補佐役幹部と親密な関係か。
幹部を組織の勝負に巻き込み、成果を軸に思考させる。

・時流にきちんと乗れているか、流行を捕まえているか。

上司は部下に敵愾心を植え付けなければならない。
兵士を戦いに駆り立てるには、敵愾心を植え付けなければならない。

敵愾心は敵の姿が見えて初めて感じるもの。

上司やリーダーは部下に敵の姿を見せるべき。

目標のないところに達成はない。油断と慢心ぬるま湯となるだけ。
敵がいないところに敵愾心も生まれない。反撃の意欲も出てこない。
壁を意識させないと打破への行動はできない。自由の豊かさを教えること。

敵愾心を植え付けるとは、意欲を引き出すこと。
成果を上げた部下を賞賛して報い。勝利の美味を覚えさせよ。

16.孫子に学ぶ上司と部下の適切な関係づくり。

・全軍を戦いに駆り立てる目標、超えるべき壁、倒すべき敵をつくっているか。

・上司は目標を掲げ、部下に倒すべき敵を教えること。

・目標と指示、死力を尽くさせるコツ。
 正しい修羅場を準備し、部下の死力を引き出すこと。

17.勝利のための孫子の組織論

・大軍団でも小軍団の良さを発揮せよ

・組織のサイズに比例して優れた統率力を発揮する。

・わかりやすさと集中で、部下の行動を正しく変える。

・臨機応変を推奨し、あくまで成果に焦点を合わせる。

・管理とは機会をつかみ、成果を最大化することである。

18.人を動かす3つの舞台をつくっているか。

乱を治に変える統制力
リスクや困難、万一の事態の際の手順を用意する。

怯を勇に変える勢い
小さな成功と勝利を積み重ね。壁を突破する自信を与える。

弱を強に変える態勢
個人よりも組織として勝てる舞台をつくりあげる。

人を動かしたいのなら、3つの舞台をまず準備せよ。

部下が効果的に動き出す、舞台を上司が作ること。

19.大きな勝利の90%はあなた以外の要素で決まる。

・努力より機会の大きさで勝利は決まる。

・機会を見抜く力、機会を掴む力が大勝利を生み出す。

孫子の哲学、大きな勝利の90%はあなた以外の要素で決まる。

小さな勝利は別にして、大きな勝利の90%はあなた以外の要素で決まる
ことを孫子は暗示している。

あなた個人が、自分の力を頼りにしてできる努力より、社会にある機会を見抜き
掴む力、敵が力を入れていない社会の隙を突く、攻撃と防御の原則を活用、
非効率な事前の計画を捨て、現実に合わせる柔軟性。

自軍攻撃力を防御が薄く、競争の少ないところに向ける。


スポンサーサイト



プロフィール

FC2USER934313IYM

Author:FC2USER934313IYM
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR