FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

知の操縦法 佐藤優

学校や職場で複雑な日本語を用いていても、日常的には簡単な
話し言葉しか用いていないと、急速に読む力が退化する。
読む力は表現力の基本だ。読む力以上の聞く力、話す力、書く力
を持っている人は少ない。ネット環境が充実した結果、知的退行
が起きている。このような状況から抜け出すためには読む力を
強化しなければならない。

日本では客観性、実証性を軽視もしくは無視して自分が欲する
ように物事を理解する反知性主義が大手を振って歩いている。
これに新自由主義の進行による一人一人が孤立したアトム
(原子)的世界観が結びつき、個人の魂がインフレーションを
起こしている。そして肥大した魂からナルシシズムが生まれる。
こういう時代状況に歯止めをかけることができるのは古典的
啓蒙だと思う。ポストモダニズム流行以後、私たちが軽視して
いた旧来型の教養を取り戻さなければならない。

絶対的に正しいものはある。ただしそれは複数ある。
価値観の多元性を認めつつ、絶対に正しいものを追求する
ことは可能であると私は信じている。

読む力と書く力が下がっていると知の体力が下がっている
と言っていい。いまの日本の知は新自由主義的である。
ビリギャルが通っていた塾は一括納入で百数十万する。
塾だけで私立学校の学費もあるので1年間で200万近い
お金を用意できる経済力がないとビリギャルは成功
できない。ただし大学で選ぶのではなく、大学に受かる
という目的だから、大学の授業をほとんど理解できず
お情けで単位をもらって卒業することになってしまう
リスクはある。

日本の義務教育は知識詰込み式でそれに慣れて
しまった我々はその延長で勉強する。丸暗記、解法
パターンで憶える式の勉強は得意ですが、それまで
の解法パターンのどれを使って対応すればよいのか
応用力がない。実社会では決まりきった問題が出て
くることはまずありませんから、知識ではなくモノの
考え方の土台をつくることをやっていかなければ
現実に役立つものにはならない。

考え方の土台作りのキーになるのが体系知という
概念です。断片的な知識ではなく、知識を結びつけて
体系になって初めて学問となるという考え方です。
いくら知識量があって博識でも、その知識の連関が
見えて体系知になっていないと意味がない。
体系知とは大きな物語である。

何かを学ぶときには、まず方にはまった知を身につける
事です。最初から型破りなことをするのはただのでたらめ
でしかない。基礎のないところに応用もない。基礎を
押さえていないと間違った方向へ進んでいってしまいます。
問題意識先行型は着想がよくても基礎的な学問の手続き
を踏んでいないと、その後、伸びていかない。

編集とは知の土俵を設定する作業である。
編集機能が入ると通説から極度に離れるものは留保がつく
もしくはハネられてしまう。

自分とは個別の私の集合体であり、複合的な存在である。
確固たる私というような考え方をしてしまいがちですが
それは違う。アイデンティティが複合している。自分の中
にも多元性はある。

多元的で複線的な思考を身に付けるためには、知の地盤
モノの考え方をつくっていかなければならない。
そのためにはタテの歴史を押さえていなければならない。
いまの学問は古代ギリシャから続く長い歴史の上に
成り立っている。

伝わる文章力を身に付けるには、写生文を書くのがいい。
読んでいる人にその映像が思い浮かぶように書いていく。
読む力はどれが主語でどれが述語、それという指示代名詞
が何を指しているのか丁寧な読み方をしていく。
この訓練を積み重ねれば読む力も書く力もつく。

ヘーゲルのような古典哲学を読み解いていくには、まず
解説書を読み、全体像をつかんでからの方が頭に入り
やすくなる。弁証法とは一方の見方と他方の見方が
対話をしながら発展していくという方法である。

いまの知識や能力で最高のものを出したとしても、時間が
経ったり、新しい知識を得たりすれば変わっていきます。
知そのものに、変化して発展していく内在性がある。
常に運動していて変化していく生成という概念であり
我々の勉強は生成の過程にあって永遠に終わらない。
いまの能力に応じた体系知は誰でも構築できる。
学に至る道そのものはすでに学である。

虚心坦懐で物事を見ていくけれど、それには偏見がある。
だから物の見方自体吟味しなければならず。
そこから体系的にモノを見るという知恵が付く。
その知恵が付いたとしても、他者にはその体系では
違うものが見えるかもしれない。そのことがわかっていれば
自己絶対化の誘惑に陥らない。時間とともに変化する
可能性はあるし、他者との弁証法的なやりとりを経て
発展していく。

弁証法とは、基本的には対話をベースとして真理を得て
いくことである。矛盾や対立、否定といったものを、対話
で乗り越えていく。真理を探究していく生産的なやり方
である。弁証法的な訓練をしていくことで重要なのは
敷衍というやり方である。物事を要約するのと逆で
意味を広げていき、例など挙げて説明することである。
敷衍するにはどの部分が重要かを見極める要約の訓練
が必要になる。
スポンサーサイト

ラクして成果が上がる理系的仕事術 鎌田浩毅

キーワードはアウトプット優先主義。
具体的に目に見える成果を上げるために、もっとも
効果的な手法は何か?
アウトプットという最終生産物から逆算して、途中に
ある全てのプロセスを決定していく方法論である。

1.頭の中の準備術

ラベル法・・・とりあえず区別する姿勢

知的生産と知的消費を区別する。
知的生産とはレポート、企画書、論文、書籍など文章の
集積ができあがることを言う。知的消費とは本を濫読する
将棋を指す、教養ある会話をするなど、知的活動では
あるが、直接生産に結びつかない活動をいう。

不完全法・・・完璧主義を捨てなさい

大切なキーワードは不完全と断念。
不完全を許容するとは、目的達成のためにはやりかけの
仕事であっても捨てる。完璧主義から逃れる。
完璧主義とは自己満足の世界である。

枠組み法・・・予め完成形をイメージする

無駄を省き効率的に生産するためには最初に仕事全体
の構造を把握する必要がある。
どこが不足していて何を埋めれば完成に近づくのかを
直観的に判断する。これからすべき仕事全体の枠組み
を先に与えてしまう。いま欠けている情報だけを優先的
に拾い集めて内容を練り上げる。できるところから書き
あげる。これが最大のコツである。一番書き出せる枠
から埋めてしまう。タイムシェアリング何本も並行して
書く。

割り算法・・・最後まで行き着く無理のない時間設定

最初に確認すべきはアウトプットの目標と全体の持ち時間
である。何をいつまでに達成しようとしているのか。
具体的にはっきりさせる。次に取り扱うテーマを決定し
伝えたいメッセージを一つに絞る。
テーマとメッセージが決まったら、取り扱えるデータの範囲
を知り、これらにアクセスする準備を始める。
そして一番初めに行っていることはゴールをイメージしている
ことである。

やるべき作業をイメージして具体的に分解する。
細かい内容まで書き出してみる。
第一に紙と鉛筆を用意し目的やアイデアを書き出す
第二に思いついたアイデアや本からの引用を文章化する。
第三にパソコン上での書き出しに移る。
三つに分けた作業に持ち時間を割りふる。

2.仕事環境の整理術

一望法・・・クリアフォルダの威力

書類は内容ではなく時間順に並べるのがよい。

大型本でも文庫本でも内容が近いと思うものはまとめて置く。

買ったものは死蔵せず、使い倒すために作業場にある
あらゆるものを効率よく配置するのが環境整備である。

本には必要な個所はすぐわかるように線を引く。

要素分解法・・・システムに任せる

知的生産を行ううえで生じるすべての課題はじつはシステム
にある。システムづくりで重要なのは要素に分解すること。
実験してみることである。

時間管理はスケジュールを手帳にすべて書き込む。
一元管理をする。

バッファー法・・・自由になる空間を確保せよ

知的生産とはすでにある情報を組み合わせて、互いの関係
をよく見渡せるようにすること。資料と情報の組み替えから
仕事は始まる。

自分を観察するもう一人の自分 メタ認知と離見の見。
全てを一望しながら作業を続けるためには、一望することの
できる別の自分が必要である。このような認識主体をメタ認知
という。

3.賢い情報収集術

目的優先法・・・ノートは書きなぐれ

ノートはテーマごと。書き出しに日付時刻を入れ時系列に沿って
記入していく。

ノートをとる目的は一次情報を自分の頭に固定することにある。
とった内容を要約するのは別の作業になる。

本に線を引く。
線を引く。
カギカッコや二重カッコでくくる。
四角で全体を囲んでしまう。

・人脈をつくる

橋渡し法・・・フレームワークを共有する

人間同士のコミュニケーションには、考え方の土台や枠組み
といったものが大きく左右するフレームワークと呼ばれるもの
で、誰でも固有のフレームワークでものを考えている。

フレームワークの合う人どうしは話が通じやすいし、異なる
フレームワークの人とはなかなか理解しあえない。
フレームワークというのはその人なりの固定観念であり、
人生観や文化を含むようなものである。

そのフレームワークをすり合わせるところから対人関係は
始まる。このことを認知論という。
複雑な人間関係を複雑なまま捉えるのではなく。
フレームワークだけ見て単純化する。次にフレームワークの
異なる者の間に橋渡しすることに注目する。

フレームワークそのものを変えようとはせず、間にある橋渡し
インターフェースのみを扱おうというのだ。
その人とうまくいく部分に焦点を当ててつきあう。

問題の分離。
何がいま必要な問題であって、それ以外は関係ないこと
なのだ。当面問題でないことは切り捨てていま必要なこと
だけを満たす。

・とことんアイデアをねる。

ラベル法・・・何はさておき名前を与えてから区分してから
        仕事を始めよう。

一望法・・・手持ちの情報は一目で見渡せるようにセットし
       無駄なく瞬間に使おう。

目的優先法・・・自分の最優先事項をはっきり意識したら、それ以外
          は無頓着でいい。

棚上げ法・・・わからないことに出会っても、とりあえず先に進んでみたら
         道は開ける。

コピーペースト法・・・学ぶはまねぶ。オリジナルな仕事の前には他人の
             仕事をまずコピー。

なんでも記号化してしまう。
記号化してとにかく頭を軽くする。

デカルトやアインシュタインのたどりついた大発見はオリジナルである。
それに対して、過去の情報や知識を組み替えてほんの少しだけ新しい
装いにしたものをクリエイティブという。

・いよいよ書き出す

隙間法・・・先人たちが残した仕事の隙間にあなたの活躍する場が
       待っている。

三脚法・・・なんでも3つの柱を立てて考えよう。3つの案なら瞬時に
       出てくる。

一言法・・・長い企画でも一言でいえばこうですとまとめられるように
       する。

呼び水法・・・いますぐできることを呼び水にして、仕事をスタートさせて
         みよう。

落穂拾い法・・・仕事が終わった時点で使っていないアイデアを拾って
          次の題材にしよう。

フェルドマン式知的生産術 ロバート・アラン・フェルドマン

7つのスキルの能力は足し算ではなく掛け算で決まる。

1.分析力 混沌から意味を引き出す

・情報は量ではなく繋ぎ方

情報と情報をつないで意味を見いだせることに価値がある。
つまり情報と情報の関係をつくる力である。

単なる情報は売り物にならない。
情報から導き出した絵=結論を売らなければならない時代である。
どんな仕事においても情報力よりも分析力や仮説力で戦わなければならない時代。

・文化の違いで別の絵が見える

文化の違いは人が物を見る着眼点に影響を与える。
文化的背景が異なると、関係の見出し方、絵の描き方が違ってくる。
だから同じセットの情報から複数の仮説を立て、その中から説得力ある
仮説を選ぶ訓練をしておくことが大切。情報のつなげ方にもクセがある。

・分析スタイルの4分類

①数字で見るか

②物語で見るか

③事実(ファクト)を強調するのか

④関係(モデル)を強調するのか

物語と事実を強調するのがジャーナリズムでよく用いられる。

数字と事実を強調する。テクニカル分析が代表例です。

物語とモデルの強調は理論の世界

数字とモデルを強調する。計量分析の世界。

相互に関係のない状態で散らばっている情報を元に、いくつかの分析手法を用いて絵を描く。
そうすることで混沌とした情報の中からいままで見えてなかったものを引き出す。
それが分析の神髄です。

現代は情報に溢れている時代です。
あふれる情報から意味を引き出すには読みやすく情報が整理されていることが重要です。

2.プレゼン力 逆算して組み立てる

・簡単なメッセージほど伝わりやすい

プレゼン力とは、伝える力である。
自分の思っていることを相手に理解してもらう力。それに加えて、人を説得する力である。

人に何かを伝えるには、最初に目的を決めることが大事。
何のために、誰に向けて、何を伝えようとしているのか。
そこから逆算してプレゼンの方法が決まります。

目的は簡単であるほど伝わりやすい。

相手のニーズを知り、どうすれば相手の共感を得られるのかを考える。

・相手によって使う言葉を変える

相手によって使う言葉、盛り込む内容を変える。

相手は誰なのか考える。

起承転結など明快な構造を持ったプレゼンは短くとも相手に強く訴えるものがある。

・書く前に自分と会話する

書く前に自分の頭の中の会話を聞く。

書くための5つのルール

①いらない言葉を省く

②二重否定を使わない EXそうならないとは限らない

③文章は単純な構造に 最初に構造を選び、そこから外れないこと。時間軸から、結論からなどの構造。

④能動態を使う ○○が明らかになった→受動態

⑤強調したい言葉を文章の最後に持ってくる

・意識してゆっくり話す

聞き手があなたの話を聞くのは一回です。
ですから相手にとってわかりやすい話し方をすることがとても大切である。

話す力を向上させる第一の原則はお手本を探すこと。
名演説集などの本を参考にする。自分の話している姿をビデオで見るなど。

・聞き手との間に共感を生む話し方

スピーチで大切なのは聞き手の共感(シンパシー)を得ることです。

3.人間力 意見の違いを乗り越える

人間力をいろいろな人と効果的に付き合う能力と定義。

人間力は大きく分けて3つある。
①会話力 ②交渉力 ③人を見る目

①会話力

会話は3つのレベルでやりとりがある。

1.事実についてのやりとり 何が起きたのか

2.起きた事実に対して自分の思いと相手の思いです。

3.品位や自分のアイデンティティに関わる問題です。

・意見が対立する3つの原因

1.情報の違い 正確な情報を得ることを心がける。

2.解釈の違い 同じ情報から違う絵が描けること。情報の繋ぎ方が意見の違いを生む。

3.損得の違い どうなれば自分は得するかの立場の違い。

・交渉を成功させる基本原則

会話が相互理解を深めるものであるとすれば、交渉は相手と合意を形成するためのものです。
交渉力とは互いに合意できる結果を生むスキルである。

原則1 人と問題を分けること

原則2 姿勢より利益を強調すること

原則3 双方の利益となる選択肢を見出すこと

原則4 進捗は測定可能な基準で評価すること

BATNAとは、交渉が割れた場合の最善の選択肢。
交渉のためにあらかじめBATNAを決めておき、その内容がよければ、交渉の際に自分の立場
が強くなり、交渉力があがる。どの時点でBATNAに切り替えるかという引き金も決めておきます。

・人を見極める力

これは2つの軸になる。協調性と能力である。

4.数字力 下品になってはいけない

数学はたとえそれを使って分析していても、あまり露骨に示すべきではない。
他の人達が簡単に理解できるよう工夫して、品よく話す必要がある。

数字を使う利点はわかりやすこと、客観的であることの2つのポイントになる。

数字力を身につけるには、数字を怖がらないこと。難解な理論や数式は必要ない。
簡単な問題からせめてみる。

5.時間・エネルギー・管理力

・時間管理とは突き詰めれば人生計画だ

時間管理には2種類ある。中長期計画と日々の計画である。

6.言語力 ハブ性で勝負する

ハブとは中核。コミュニケーションの中心となり人脈と情報を集める。

人の人生は面倒くさいと思うのか、冒険と思うのかによって決まる。
面倒くさいと思ったら幸せになれない、冒険と思ったら幸せになれる。

語学はゲーム感覚で勉強する。やっていて楽しいと思えば勉強も進む。
電子媒体やゲームなどを利用する。

7.商売力 自分ブランドで差別化する

会社からどう評価されるのではなく、顧客は何を求めているのかという視点で仕事をすべき。

顧客が買っているものの本質は何か。

マーケティングでは物を売る時に3つの戦略がある。
①品質をブランドにする
②低価格をブランドにする
③サービスをブランドにする

信頼の方程式 T(信頼)=E(専門性)+R(約束を守る)+I(親密性)/S(私欲・利己心)

8.結合力 組み合わせて動かす

部品を作ることと、部品を組み合わせることは違う。

どのように部品を組み合わせて使うか決めることで、部品の価値が決まる。

組織の中で結合力を発揮する。
実行3つのコアプロセス
①戦略プロセス お金はどこにあるのか、どうやって稼ぐのか

②人材プロセス 戦略を考えた上での適材適所

③業務プロセス それぞれの人が何をすべきか、すべきことをちゃんとやっているのか

この3つのプロセスがいかに結びついているかがビジネスの本質である。

スキルは部品に過ぎない。それを何のために、どのように組み合わせて使うのか、
足りない部品はなんなのか、それをどうやって調達するのか考えることが結合力の本質。

大切なもの

1.自助努力、自己責任 天は自ら助くるものを助く

2.不屈の精神 不屈の精神に代わるものはない。才能は不十分だ。才能があって失敗して
           いる人はあふれている。天分も不十分だ。世界は学歴乞食でいっぱいだ。
           不屈の精神と決意だけが無敵なのだ。クーリッジ

3.創造力 

創造力はモノとモノとをつなげることにすぎない。創造力がある人に、どうやってそれを発明した
のかと聞くと、彼らはちょっとやましい気持ちになる。なぜなら彼らは何をやったわけではなく
何かが見えただけだからだ。しばらく眺めていたら、ああ、そういうことかと気がついた。
彼らはこれまでの経験をつなげて新しいものを合成できたというわけだ。スティーブ・ジョブス

我々の業界では、幅広い経験の人は少ない。経験の幅が狭いと結べる点がすくなく、問題を
広く見ることができない。よって直線的な解決しか考えない。人間の経験が広くなれば広く
なるほど、商品のデザインはよくなる。スティーブ・ジョブズ


プロフィール

FC2USER934313IYM

Author:FC2USER934313IYM
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。