FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バフェットの教訓~125の知恵~メアリー・バフェット&デビット・クラーク

オマハの賢人と呼ばれる偉大な投資家ウォーレン・バフェットの格言集。
自分で調べて考えて、将来にわたって稼ぎ続ける銘柄を、これだと思う
タイミングで売買する。長期保有を基本とする。投資の神様といわれる
バフェットですら、売買の大勝負は数度しかしていない。それで巨万の
富を築き上げた。気になった格言を箇条書きにします。

・法外な買値や売値を提示することを決して恐れてはいけない。
 高すぎる売値を提示しても先方との交渉で下げていけばいい。
 決して忘れてはならないのはいったん低い売値を交渉の中で
 あげていくのは不可能である。

・悪い人とよい取引はできない。

・この国の大金持ちは50社のポートフォリオ投資で財を成した
 わけではない。一つの優良ビジネスを突き詰めることによって
 築かれてきた。

・一旦交わした契約は反故にできないのだから、サインする前に
考慮すべきことは全て考慮しておきなさい。

・トラブルから抜け出すよりも、トラブルを避ける方が簡単だ。

・幸せとカネとは別物である。

・信望を得るには20年かかり、信望を失うのに5分とかからない。
このことを考えればおのずとやり方が変わってくる。

・天と同じく市場は自ら助くるものを助く。しかし天と違って市場は
右も左もわからない者を許さない。

・私は高さ2mのバーの飛越には挑まない。周りを見渡してまたぎ
 越せる30センチのバーを探す。

・習慣という名の鎖は抜け出せないほど重くなるまでには、軽すぎて
 存在を感じることができない。

・めざましい結果を得るのに必要なのは必ずしもめざましい行為ではない。

・株はビジネスの細片とみなすべきだ。ビジネスを一部を買っている。

・愚か者でも経営できるビジネスに投資しなさい。なぜならいつか愚かな
 経営者が出てくるからだ。

・自分の純資産の10%を注ぎ込む勇気と確信が持てないなら、その銘柄
 に投資すべきではない。

・永遠に続かないものには、必ず終わりが訪れる。

・会計はビジネス言語だ。

・経済基盤が脆弱と噂されるビジネスに辣腕と呼ばれる経営陣が乗り込んで
 いったとき、無傷で残るのはビジネスに関する噂の方だ。

・優良なビジネスとは根源的な経済性に富むものである。多くのトラブルに
 見舞われても態勢を立て直せるだけの財政力を備えている。
 経済性の優れたビジネスを適正価格で買う戦略をとっている。

・ビジネスが好調ならやがて株価もついてくる。

・成長に大量の資本を必要とするビジネスと成長に資本を必要としない
 ビジネスとでは天と地ほどの差が存在する。

・難しいビジネスでは、一つの問題が解決するそばから、別の問題が
 もちあがってくる。台所のゴキブリが一匹だけのはずはない。

・商品を大衆化して儲けを増やすのは簡単だが、大衆路線から高級
 路線に戻るのは難しい。

・私は10年から15年先の姿が見える予測可能に見えるビジネスを
 探し求めている。

・今日誰かが木陰で了をとれるのは、ずっと昔、誰かが木を植えておいて
 くれたからである。

・投資家としての成功に微積分や代数が必要なら、私は新聞配達の仕事
 に戻るしかないだろう。

・独力で考えることを心がけなさい。いつも見ていて不思議に感じるのは
 IQの高い連中が見境なく人真似していることだ。私の場合、他人と話して
 いて良いアイデアが浮かんだことはない。

・ジャーナリストたちが賢ければ賢いほど、社会はよりよく反映する。

・人は経験から学ぼうとするが、他人の経験から学べるならそれに
 越したことはない。

・誰かを雇おうとするときには、誠実さ、知力、実行力という3つの資質
 に注目するといい。なかでも一番重要なのは誠実さである。
 なぜなら、不誠実な従業員を雇った場合、知力と実行力はあなたを
 窮地に陥れるからである。

・髪を切りたいのなら、床屋のところへ行くな。(証券マンを信用するな)

・予測が教えてくれるのは未来のことではなく、むしろ予測者のことである。

・人間には簡単なことをむずかしくしたがるひねくれた性質があるらしい。

・分散とは無知に対するリスク回避だ。

・小事に規律正しく臨めない者は往々にして大事にも規律正しく臨めない。

・頭を回転させて考えを整理したとき、文字にしてみることほど効果的な
 方法はない。

・他の人々が思慮に欠ける行動をとればとるほど、我々自身はより思慮深い
 行動をとらねばならない。

・適切な気質と適切な知的素養が合わさったとき、理性的な行動が生まれる。

・人々が強欲になることも、臆病になることも、愚行を犯すことも予測は可能だ。
 しかし、どの順番で起きるかは予測できない。

・我々がすべきことは単純だ。人々が強欲なときに臆病になり、他人が臆病な
 ときに強欲になりさえすればいい。

・穴にハマっていると気づいたとき、一番大切なのは掘るのをやめることだ。

・最初の試みで成功したら、そこでやめればいい。

・注目すべきは誰にも注目されていない株だ。

・我々は投資先にあれこれ口出しする気はない。
 相手を変えようとする手法は投資でも結婚でも事態を悪化させるだけだ。

・リスクは自分の行動に対する無知から生じる。

・ミスを犯さない人に意思決定などできない。

・私は自分のミスを説明できるようになりたい。
 成功と失敗を両方説明できることは自分の行動を100%理解している
 証だから。

・我々は決して後ろを振り向かない。我々の頭に浮かぶのは、多くのもの
 が待ち受けている未来だけである。ああしておけばよかったとくよくよ
 考えても、過去を変えられるわけではない。あなたは前を向いて生きる
 しかないのだ。

・投資は合理的であらねばならない。理解できないなら金を出すな。

・アイデアを自分で理解しているのなら、他人にも理解できるように
 説明できるはずだ。

・我々の手法は単純明快だ。とびきりの根源的経済性を備え、正直かつ
 有能な経営陣に率いられたビジネスを理にかなった価格で買収する。
 私がめざすところはこれだけである。

・能力の範囲に投資先が見つからないとき、我々は範囲を広げない。
 我々は待つ。

・リーダーから発せられた要望は、いかに愚劣な内容であろうと
 取り巻きたちが用意したデータによって素早く支持される。

・投資家を破滅させるのは経済ではない、投資家自身である。

・どういうわけか、人々は行動のキッカケを価値ではなく価格
 に求める。価格とはあなたが支払うものであり、価値とはあなたが
 受け取るものである。

・上がったものは下がるとは限らない。

・株式市場の基本的な役割は価格を形成することだ。
 市場はあなたにサービスを提供するために存在しているのであり
 あなたを教育するために存在しているわけではない。

・最初のうち株価を左右するのはファンダメンタルズであるが、
 ある時点を境に、投機が株価を左右するようになる。賢者が最初
 にやることを愚か者が最後にやるわけだ。

・入札戦争が勃発したら負けるが勝ちである。

・株式市場は見逃し三振がない野球の試合と似ている。
 全ての球をスイングする必要はない。狙い球が来るまでいくらでも
 ストライクを見逃すことができる。しかし、君が資産マネージャーなら
 スイングしろよ怠け者とひっきりなしにどやされる。

・われわれが歴史から学ぶべきは人々が歴史から学ばないという事実だ。

・長期的価値を買いたいとき、不確実性はあなたの真の味方になる。

・どれだけ才能があり、どれだけ努力しようと成就まで必要な一定の
 時間が必要とする事柄がある。

・我々は市場や金利や景気の1年後について意見を持ったことがない。
 現在も持っていないし、将来も持つつもりはない。
スポンサーサイト

リーダーの本義 門田隆将

どんな人にも本義がある。
本義とは本来持っている存在意義。根本に存在する
重要な意義である。

著者が挙げる人物は修羅場で力を発揮して日本を救った
人もいれば、小規模な自分の持ち場で力を尽くし、小さい
けれど、大変意義深い成果を挙げた人もいる。

著者が挙げるどのリーダーも本義に従ったものである。
彼らがその行動をとるに至った心理を描き、新たな使命
に立ち向かう意欲が湧き上がってくることを意図した作品です。

福島第一原発の吉田所長。彼は部下から彼のためなら
死ねると言わせるほどの覚悟を持った人だった。
原発事故に対して命を守る。国民の命、国家の命を守る
という本義を吉田所長は全うすることで、日本は救われた。

次の挙げるのが中国・内蒙古に駐留した根本博将軍。
彼は玉音放送後もソ連軍と戦い続け4万人の在留邦人を
無事本土へ帰還させた。反対にそれに従った地域の人々
はシベリアに抑留され、過酷な環境に置かれた。
5万5千人もの死者を出した。根本将軍の本義は軍隊とは
国民を守ることであった。彼はリーダーとしての使命と責任
を自覚していた。

映画・海難1890で舞台となったイラン・イラク戦争での
テヘランからの脱出劇の舞台裏で日本人商社マンの活躍
があったことは知られていない。伊藤忠商事イスタンブール
支店長の森永尭氏である。彼とトルコ・オザル首相との友情
彼の誠実な人柄による信頼によって救われた。

伝説の打撃コーチ。高畠導宏氏の話も興味深い。
高畠語録と呼ばれる高畠ノートである。

1.それぞれが成長すために役立つもの

・平凡の繰り返しが非凡になる。

・才能とは諦めないこと。

・絶望とは愚か者の結論である。

・人が成功する上で必ず経験しなければならない失敗がある。

・失敗とは隠すものではない。

・限界に打ちのめされたことがない人間は可能性が見えない。

・まず試してみる。試して変わる。変わることが進歩上達につながる。

・やるべきことはその日のうちに必ずやってしまう。

・これしかないと思ったら集中する。

・シャーナイと面白いを繰り返し終わりまでこぎつける。

・次に何やるのから私これやりたいへ。

・本当のプロの戦いは限界から始まる。

・大きな夢を叶えるために小さな夢を積み重ねる。

・目的がエネルギーを生む。

・気力は生きる目的に向かって拍車をかけてくれる。

・気力は反復によって本物になる。

・感動することは向上心に繋がる。

・運は練って待て。運は開くもの。運のせいにしない。

・継続は力なり。

・聞く耳をもつ、興味を持つ。素直さが大切。

・考える。考え方がしっかりしている。考えてからやる。

 考えながらやる。終わってから考える。考える習慣を持つ。

・練習は単純な作業の繰り返し。これを考えながらやるから

 継続する。1つのことをコツコツやる。そこに工夫が生まれる。

2.リーダーの心得と人を育てるために必要なもの

・全ての石に価値がある。しかし、見る目がなければただの石。

・100人には100人の才能がある。

・未知による失敗は忌み嫌うものではなく、最上の糧である。

・失敗した瞬間にその人の中に新しい知識を受け入れる素地ができる。

・自分を頼ってくる人に感じるものがあれば力になる。

・本を読むリーダーから、指導者リーダーになる。

・なくしたものは勘定しない。残っているものを120%活用する。

・リーダーは常に十分なシミュレーションをし、全ての状況に対処する。

・9つ褒めて1つは1段上のレベルにトライさせる。

・叱るときはその人に合う言葉を探す。

・メモは必ず役に立つ。

・常識に囚われない。

・必要性に裏打ちされたやる気でないと本当のやる気ではない。

・コーチの仕事は教えないこと。手とり足とりは場合によってマイナス。

・念ずれば花開く。希望は光。向上心もまた光。

・人から光を与えられなくても、自ら光を持つことは難しいことではない。

・手の記憶を通して勘を会得する。

3.生活面、人生を歩んでいくうえで重要なもの

・人間にとって最も基本的なことは礼儀。

・親の愛、家族の愛、師弟の愛、愛が素晴らしいのは無償だから。

・学ぶことは最も重要なことである。

・生命力は夢と連動している。

・貪欲とはあと一歩の努力。

・人の話を聞けるうちは進歩している。

・気力こそ人生の原動力である。

・限りある人生を有意義なものにするのが、ほかならぬ気力である。

・毎日ものを考える習慣を身に付ける。

・覚悟にまさる決断なし。

・心は色も形もなく自由自在。

・運命と宿命とは同じではない。

・人間にも縦糸と横糸が求められる。

・笑って暮らすのも一生。泣いて暮らすのも一生。

・人間には2つの財産がある。時と言葉である。

・意固地や偏屈は成長の敵である。

・他人のために一生懸命になれるそんな社会は素晴らしい。

・あと一歩の努力をするかしないかで人生が決まる。

・何かを学ぶこと、生きていく力を見につけることは本能に属する。

・この世の中は想像力で成り立っている。

・人はやれなかったのか、やらなかったのか2つに一つ。

・知る者は言わず、言うものは知らず。

・自分の思ったようには年はとれない。

・死とは何か、知っているだけでも強くなる。

・たどり着きて未だ山麓。

すごく含蓄ある言葉ばかりなのでメモしました。
プロフィール

FC2USER934313IYM

Author:FC2USER934313IYM
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。