FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松平家 心の作法 松平洋史子

・姿勢を正せば心が変わる

・人様にとって見苦しくない自分を意識する。

・質素倹約は本質を見極める

・入口あれば出口がある。それを明確にすることが人生において幸せの鍵となる。

・掃除は心の整理。

・人生とは上手に感情を自制する技である。
 感情そのものを自制することに、精神を鍛えるという意味がある。
 生きていれば、恨みや妬み怒りや苦しみなど様々な感情が生まれる。
 それをいかにして自分の中で抑えるか。感情をうまくコントロールすることが自分を
 生かす技なのです。

・誰かに優しくするだけで救われる。

・心に自分だけの城を持つ。何かを達成するために自分はこう生きると覚悟すること。
 こう生きるという信念。守りたい人やもの。誰にも攻め込まれまいとする強い心が
 心の城なのです。心の城を持つことで何があっても揺るがない意志ある人生を歩く
 ことができる。

・言うべきひとつを見つけられる人になる。
 物事の本質をすぐに見つけられる目を持ちなさいという意味でもある。
 そうやってひとつのものを見つけられるようになると、他の大事なものを見つけやすく
 なります。

・精神の改善は食から。

・表向きの顔をつくりなさい。本気で体裁を取り繕えば心だってついてくる。

・一日ひとつ良いことをする。

・愚痴や不満は心を乱す。
 人はいろいろな関わりを持って生きています。そんななかで自分を通そうと
 すると摩擦が起きる。摩擦は相手を傷つけ、自分も傷つけます。ですから
 摩擦の原因になるようなことは口にすべきではない。愚痴や不満を口にする
 表情は決して美しいものではない。

・誇りが人を強くする。
 どんな状況であっても誇りを失わず、こうありたいという自分のイメージを崩さないこと。
 それは一つの美しい生き方である。

・嫌なことがあったらその場から離れる。

・忙しい時こそ贅沢な時間をつくる。

・重荷が辛いと思ったら自然の摂理に任せる。自分で人生を無理な方向へ動かそうと
 するから苦しい。

・人の話を途中で遮ってはいけない。

・人を悪く言わず、見返りを求めず、羨まない。

・もてなしの心とはその方の心に添うこと。

・貧乏とは人のために何もできないこと。

・さぼれば錆びる

・本当のもてなしとはその方に合わせた気遣いができること。

・心を耳で聞きなさい。

・間は心眼で計りなさい。

・ひとりでも寂しいそうにされている人がいることはあってはならない。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

FC2USER934313IYM

Author:FC2USER934313IYM
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。