FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

成功する人はみんな逆に考える 小川仁志

逆には人を惹きつける魅力があると。それは単に正に対置される
対立的な存在ではなく、逆にこそ物事を成り立たしめる真理が宿っている。
逆張り、逆手に取る、逆転、逆上がり、逆回転、逆指名、逆境、逆ギレ・・・
逆という言葉は正攻法とは異なるだけに意外性を生み出す。
人間にとって意外性とは心を動かされるインパクトをもつものになる。
なぜならそれに対して心が無防備だからです。
同様の意味を持つ裏や反も同じ効果をもたらす。
反対、反対意見、反体制。

逆とは勝つための秘密のちからである。

哲学は逆思考を行う典型である。
なぜなら哲学はあたりまえとされていることをあえて疑い、物事の正体
を暴こうとする学問である。

現実とは逆の世界や逆の常識の中に自分を置く。
そうすると自然に今の自分が正しいのか、今の社会が正しいのか考える。

物事の本質を知るためにはあたりまえと思っていることを疑ってみる
必要がある。

帰納法とは実験と観察を通じて、個別の事例をまとめることで見えてくる
事柄を、一般的・普遍的な法則へと導く方法のことです。帰納法は逆思考
のひとつになる。個別の事実を積み重ねることで心理を探求する。

構造主義とは物事の全体構造に目を向けることで本質を探ろうとする考え方。
一部の現象だけ見ていては物事の本質をとらえることはできない。
それを避けるために全体を俯瞰する姿勢が必要。

構造とは要素と要素の間の関係からなる全体のことである。

その領域をきちんと想定できないと、逆思考は成立し得ない。

逆思考を活用する際には方法論として帰納法と構造主義を念頭に置く。

真理が一つであることは確かなのですが、それは常にリバーシブルである。
どちらの方向からも説明できる。

一般の法則からはじめて、個別の事象を導いていく方法。これを演繹法という。

帰納法と演繹法という2つの思考法は、その元となる思想である経験論と合理論
の対立によって、あたかも二者択一の選択をしなければならないかのごとく扱われ
てきた。

経験論は物事の本質は後天的に形成されていくものであるというのには帰納法。

合理論のような物事の本質は先天的に存在すると考えるなら演繹法をとるのが筋
と考えられてきた。

2.発想を転換する逆説の論理

パラドックスとは常識に反する見解である。

・4つの逆説理論

転倒思考 AはBである⇒AはBでない。主題と属性を転倒させる。戦争は悪である。戦争は善である。

逆因果思考 AならBでない⇒AならBでない。あるものとあるものの因果関係を逆にとらえる。
                   急がば回れ。

因果反転思考 AならBだ⇒むしろBだからAだ。因果関係を反転させる。
          うまくいったからうれしいのではなく
自分がうれしいからうまくいったのだ。

因果否定思考 AならBだ⇒AにかかわらずBだ 因果を否定する

・ラテラルシンキング 水平思考⇔ロジカルシンキング

ラテラルシンキング 横に水平に見る。思考の幅を広げる。回答をいくらでも考えられる。

ロジカルシンキング 垂直に掘り下げていくイメージ。筋道立てて論理的に回答を導き出す。

・ラテラルシンキングの強み

➀あらゆる前提から自由になる。常識に縛られずに済む。

➁今までにないものが生まれる。既存の価値観にとらわれずに済む。

③問題が最短ルートで解決される。裏技が使える。

④お金・時間・手間が節約できる。真理を衝くことができる。

・ドロワの暮らしの哲学

嫌いなものを食べるという行動。そうすることで人間的に洗練される。

疲労は前進する手段。

死に向き合うことで生の意義考える。

3.逆説的思考でモノの本質が見えてくる

権威が突然変なことを言い出すと、それが常識ないし、通説になって
しまう場合もある。それを見破るにはどうしたらいいか。
それは実に簡単なことである。本当の常識に照らして物を考えることだ。
読者の方々には、権威というブランドに惑わされることなく、どちらかの
言うことにより常識があるか、という視点で判断していただきたい。

反知性主義は単なる知性への軽蔑と同義ではない。
それは知性が権威と結び付くことに対する反発である。
何事も自分自身で判断しなおすことを求める態度である。
そのために自分自身の知性を磨き、論理や構造を導く力を高め
そして何よりも精神の胆力を鍛え上げなければならない。
この世で一般的に権威とされるものに、たとえ一人でも相対して立つ
という覚悟が必要だからである。だから反知性主義は宗教的な確信を
背景にして育つのである。

アメリカ人の心に通奏低音のように流れる反権威志向は、このような
ところから養分を得て根を張っている。彼らは自分で聖書を読み、自分で
それを解釈して信仰の確信を得る。その確信は直接神から与えられたの
だから、教会の本部や牧師のそれと異なることを教えてもそんな権威を
恐れることはない。個々人が自尊心を高め、アメリカの民主主義的な精神的
基盤を形成することになる。それはまことに独善的で自己中心的な世界観に
立てこもる人々をつくってしまう。森本あんり反知性主義より

・ケントMキース 逆説の10か条

➀人は不合理で、わからず屋で、わがままな存在だ。それでもなお人を愛しなさい。

➁何かよいことをすれば、隠された利己的な動機があるはずだと人から責められるだろう。
  それでもなお良いことをしなさい。

③成功すれば、うその友達と本物の敵をえることになる。それでもなお成功しなさい。

④今日の前行は明日になれば忘れさられてしまうだろう。それでもなお、良いことをしなさい。

⑤正直で率直なあり方はあなたを無防備にするだろう。それでもなお正直で率直なあなたでいなさい。

⑥もっと大きな考えを持ったもっとも大きな男女は、もっとも小さな心をもったもっとも小さな男女に
  よって撃ち落とされるかもしれない。それでもなお大きな考えをもちなさい。

⑦人は弱者を贔屓にするが、勝者のあとにしかついていかない。それもなお弱者のために戦いなさい。

⑧何年もかけて築いたものが一夜にして崩れるかも知れない。それでもなお築き上げなさい。

⑨人が本当に助けを必要としていても、実際に助けの手を差し伸べると攻撃されるかもしれない。
  それでもなお人を助けなさい。

⑩世界のために最善を尽くしても、その見返りにひどい仕打ちを受けるかもしれない。それでもなお
  世界のために最善を尽くしなさい。

あなたが何をする選択をしたとしても、一つのことだけは確実です。逆説的な人生を送ると
この狂った世界において生きることの意味を発見できるだろうということです。
あなたは違いを生み出すでしょう。人の人生を変えるでしょう。あなたが変えるであろう人生の
一つはあなた自身の人生です。キース

いかなる経験もそれ自体では成功や失敗の原因にならず、むしろ人はその経験の中から
目的にかなうものを見出す。自分がその経験に負の意味を与えるから不幸になるということ。

勇気さえあれば幸福になれる。
なぜならライフスタイルは常に選ぶことができるからである。

嫌われる勇気を持つとはじめて人は他者の評価から逃れ自由になれる。

健全な劣等感は人との比較から生まれるのではなく、理想の自分との比較から生まれる。
アドラー








スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

FC2USER934313IYM

Author:FC2USER934313IYM
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。