FC2ブログ

なぜ中韓はいつまでも日本のようになれないのか 石平

近代文明についての日本と中韓の比較を社会学視点で論じている
本です。鋭い考察だと思います。

一つの国あるいは地域において産業化=近代化が起きてくるための要因。

➀自然に対する好奇心から発するところの、自然への実証的考察と論理的
思考などからなる科学の精神の芽生えと発達。それは産業革命に必要な
近代技術を生み出す精神的土壌になる。

➁独立した自由知識人層の分厚い存在。こうした科学の精神の担い手となり
近代技術と発明を生み出すための生みの親になった。

③近代技術と発明を生産活動に応用して、近代産業を作り出すための資本と
ノウハウを蓄積したブルジョワジーの存在。彼らの存在と活躍なくしては、経済
領域における現実の動きとして産業化は起こり得なかった。

④➀と➁と③という3つの条件を生み出す深層にある歴史的要因としての
西洋世界独特の二元化権力構造とそこから生み出される自治都市の存在。
中世において出来上がった政治と社会システムこそが近代化の土壌となった。

絶対主権者としての皇帝、皇帝の手足となって土地と人民を支配する官僚
官僚を選抜する科挙制度は中国独特のシステムである。この政治制度を
正当化するイデオロギーが儒学を発展させた朱子学である。この三点セット
の中央集権体制を丸ごと導入したのが朝鮮半島である。

世俗権力と教皇権が分離された西欧の二元化権力構造に対し、中国・朝鮮
半島の権力構造とは政教一体。宗教と政治が一体となった皇帝・国王中心
の一元化権力構造である。中国独特の一元化権力構造では権力は全て
官僚たちが独占し、民間の商人、資本家たちはお金があってもいっさい権力
もなければ、いかなる権力からも保護も受けていない。これによって構造的な
収奪が繰り返された結果何が起きたのか、富が中央を頂点とする官僚と官僚
機構に吸い上げられていくばかりで民間にほとんど蓄積されなかった。
これは近代産業の生みの親であるブルジョワジー層が育つのが不可能だった。
近代化条件の近代産業を創りだすために資本とノウハウを蓄積した層が不在
であり、近代化、産業化の前提である独立した自由知識人層の分厚い存在は
育たなかった。中韓では知識層=官僚なのであり、必然的に自由知識人層は
生まれてこない。

中国・朝鮮の読書人・両班とはすなわち科挙試験に合格したり失敗したりする
人々のことであり、科挙試験の中心は儒教の経典と思想である。論語的な
思考法に馴染んだ頭脳からは物事を論理的、実証的に考えるような科学の
精神は生まれてこない。中国古代の思想家たちの関心は政治や軍事、道徳論
や人生論などの人間論に集中していて、自然の万物や宇宙に対して好奇心を
抱くことはなかった。中国と李氏朝鮮においては思想的、知的風土において
産業化、近代化を生む土壌としての価格の精神は育ってくることはありえな
かった。

中華思想の文明観とはこの世界において中華文明こそが唯一の文明にして
最高の文明であり、中華こそが世界の中心であり、世界の文明センターで
あるという考え方である。

中華思想の骨格は➀中華文明が世界唯一の文明であること。➁中華文明に
教化されるかどうかは人間と禽獣を区別する基準であること。③中国の読書人
こそ、この唯一の文明の担い手であること。④儒教の思想と礼儀は文明の核心
であること。朝鮮人の中華思想はまず、自分たちが中国の文化と文明、すなわち
儒教の思想と礼儀をきちんと習得していることに依拠している。李氏朝鮮の知識
人は中華文明の一員であるかどうかは住む地域ではなく、中華文明のコアと
なる儒教と礼儀の受容と履行によって決まると考えている。だから小中華と
誇るのだ。

聖徳太子の主導下で出された日いづる処の天子の国書は中華帝国伝統の
世界観と隋の皇帝を頂点とした当時の国際秩序に対しての挑戦状だった。
自国を飛鳥以降の仏法の興隆と広がりにおいて仏教先進国と位置づけ
仏法という普遍的な世界に身を置くことで中華世界を見下ろすまでの心情的
優位へと導いた。日本人は独善的な中華文明にとらわれていなかった。

大和朝廷は七世紀の唐帝国の出現と対外侵略によって外来の脅威に対応
し、国防体制を強化するために中国から律令制度を導入した。そして脅威が
なくなると、公地公民の土地制度消滅に始まり、律令制度は消え去った。
日本文明と西洋文明の類似点は封建制度を持っていたことである。
大陸文明との最大の相違はそこである。

宗教的権威の教皇と国王の政治権力があり。また一国の中に王権と各領主
の領有権が並立する二元化権力構造があり、それぞれの権力中枢の中間
地帯において自治都市やブルジョワジー層が生まれ王権や教皇権と対立。
自治都市においてブルジョワジー層の経済力を土台にして自由知識人層が
成長し、合理的思考を重んじるルネサンス運動が展開され、近代科学が発展
そのなかで近代技術が生まれた。対する中国・朝鮮の権力構造は中央集権
による官僚の収奪によりそれらは生まれてこなかった。
日本の場合は幕藩体制のもと兵農分離、参勤交代、石高制により商業社会
が出現した。流通網の整備と全国市場が形成された。町人のなかに思想家
哲学者、実学者などが生まれ学問を発達させた。彼らは科挙ではなく、自ら
の意思で学問探究を行い、自分の信念や思考に基づいて自分自身の学説
や思想を生み出せた。

江戸時代の商品経済の発達とそれによって生み出された分厚いブルジョ
ワジー層の存在ゆえに明治の殖産興業が民間の手に受け継がれ、飛躍的
に発展を遂げた。

日本人は平安時代から中華流の一元化権力構造の政治制度、社会制度に
決別を告げ、封建制に突き進んだからこそ、西欧世界と同様封建社会を構築
できた。そしてこの封建社会が最も繁栄した江戸時代において分厚いブルジョ
ワジーと自由知識人層の存在、合理的精神の科学技術の発達などにより
近代化の準備が整った。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

FC2USER934313IYM

Author:FC2USER934313IYM
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR