FC2ブログ

自分の考え方を最速でまとめて伝える技術 小宮一慶

5分10分使うとき、その時間を生かすも殺すも自分次第。
やろうと思うか否か、ちょっとした意識の違いがいつしか
大きな差を生む。たとえ5分だろうとやる人はやる。
やらない人は30分経っても手付かずのままである。
時間が経つほど、気持ちが焦ってますます取り懸れない。
まさに悪循環である。

仕事は良質なアウトプットが全てである。
相手は仕上がった中身だけを見て判断します。
いかに良質なアウトプット出せるか。
自分の考えを最速でまとめ、伝える力を磨くことが重要
である。

1.時間と気持ちのコントロール

仕事の速い人はまずスタートが速い。まず手をつける。
肝心なのはやりかけることである。いったんはじめたものは
半分終わったも同じである。そのためには書く前にテーマや
流れを決めておく準備が必要である。

やる気のある時間帯、集中力を保てて、自分の能力をフル
に出せる時間帯を確認。朝早くアウトプットをすれば質の高い
ものになる。夜更かししない。早起きする習慣が重要。

毎朝TODOリストをつくる。出来たものは消す。
TODOリストは優先順位をつける。緊急か?重要か?

集中できる時間を把握し、集中が途切れたら別の仕事に
とりかかる。

仕事のしやすさを段取りしてTODOを行う。

簡単な仕事でも工夫する人が伸びる。
工夫する。勉強する。早めにやろうと心がける。
目の前の仕事重要である。

机とデスクトップを整理する。いらないものは捨てる。
資料は取り出しやすく整理する。

2.読む技術を最速化する

速さは経験値に比例する。
単に経験をするだけでなく、まずは良質なアウトプットを
出し続ける。クオリティーにこだわれば最適化につながる。

土台を固めれば仕事は一気に早くなる。
読む力や考える力というインプットに磨きをかけることが、
良質なアウトプットにつながる。アウトプット力を高めるために
インプット力を磨く。良質なインプットは読む力、考える力であり
良質なアウトプットは書く力をつける。仕事が速くなる。

読む力とは理解する力である。
本質をつかむ力である。
短い文章を読んで自分の言葉で説明する。

読む力を高めるには基本的な知識を得ることである。
まずは仕事に直結する知識を身につける。
基本的な知識を押さえてから深く考える。

複雑なことは複雑なままとらえる。

新聞は見出しだけでもいいので、一面から飛ばさず読む。
1つの記事から他の題材を関連付ける。

気がついたところはすかさずメモをとる。
メモを見返すと考える力が深まる。

速読とは情報を選んで、素早く得ること。

通読で論理のレベルを上げる。
全体像をざっとつかむ。ある一定の知識を得るのを目的
にした読み方。論理的思考力を高めたり、自分の考えを
より深めたりなど、学習することを目的にした読み方です。
第一人者が書いた良書を繰り返し読む。

50時間の勉強が一つの目安。

良書を選んで自分の中に基準をつくる。

3.考えるを最速化する技術

論理的思考力には段階がある。
自分にはまだ分かっていないことがたくさんある。
このことを自覚することが論理のレベルを引き上げるのに
すごく重要である。考える力を磨くには、関心、仮設、検証
である。

関心を持てばモノが見えてくる。
ポイントを絞れば気づきが生まれる。
関心を持てば自然と情報が集まってくる。

関心を持ったら関連付ける。
これまで自分が経験してきたこと関連付けができないか
考える。関心が質の高い引き出しをつくる。
定義が曖昧な言葉はすぐ調べる。数字が出てきたら必ず
裏付けを取る。

仮説を立てて検証する。
仮説とは基準である。関心を持ったことに対して、何かしら
の基準を持ってモノを見る。問題意識を持って観察する。
これが仮説を立てる第一歩である。仮設、検証で考える力
を鍛える。

仮説を立てて検証を重ねる。
この行為が、物事を深く掘り下げ、論理のレベルを引き上げる。

なぜ?どうして?と疑問を持つ。
そして関連することを調べる。

物事は具体化して客観的な事実をつかむことが大切である。
数字で具体化する。仮説を立てたら実際に数字を使って検証
をする。検証を重ねれば仮説の信ぴょう性はあがる。
関心(関連付け)⇒仮説⇒検証を習慣に。

4.書くを最速化する技術

ブログや日記で訓練をする。
まとめる力、伝える力、反省力を高める。

何を強調して書くかを強く意識するべき。
バリューとインパクトを意識する。
バリューは相手にとっての価値。インパクトは話の山場を
いくつか用意することである。読み手にとって価値がある
ことは何かを考えて書く。

論理的に書く。
序論・本論・結論の論理展開。
主張と根拠。対立。並立。
誰が読んでも分かるように書く。

書ける人は話せるし、話せる人は書ける。

バリュー 相手が何を喜ぶのか

インパクト 何を話せば印象的か

日頃から考えていれば準備しなくても話せる。

5.仕事の質と効率を押し上げる極意

一流を目指す。一流になる。
一流になるなら一流の人と付き合うこと。

最初は時間をかける。まずは目の前の仕事に徹底して
取り組むべきである。自分自身の中で常に100%を目指す。

正しい目的を持つ。人から評価される仕事をする。
お客様が喜ぶ、良い仕事を目的にする。

時間をコントロールする感覚を持つ。

月間目標を立てる。
何をいつまでにやるのか。具体的な目標を立てて実行していく。

土日1~2時間勉強する時間を確保する。

目的とは、最終的に行き着くところ。あるいは存在意義。

目標とは、その通過点や具体的に実行すること。

終わりを意識しながら生きる。
いかに真剣に生きるべきか、じっくり考える。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

FC2USER934313IYM

Author:FC2USER934313IYM
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR