FC2ブログ

今いる場所で最高の成果があげられる100の言葉 千田琢哉

1.組織で働くということ

組織でこそ、成長に欠かせない人間観察眼が磨ける。

・新米のうちは個人的なスキルアップやキャリアアップについて口にしない。

・新米の最大の武器はかわいげ。

・格上相手に持論を展開しない。持論を展開するのは、その場にいるメンバー
 であなたがNo.1である場合に限る。

・上司に手柄を横取りされるのはあなたが上司に手柄を譲らないからだ。

・現在の社長のプロフィールを分析する。トップの価値観に従うということは
 すなわちトップの嫌がることをしないということだ。

・現在の組織の重役たちのプロフィールを分析する。
 相手の本音を洞察したければその相手のプロフィールを分析することだ。

・現在の組織の中間管理職たちのプロフィールを分析する。
 直属の上司のプロフィールを分析しタブーは把握しておくこと。

・同僚たちのプロフィールを分析する。組織において同僚はすべてライバル
 である。劣等感という地雷にはふれず会話の端々で相手の優越感をくすぐる。
 そうやってライバルをてなづけるのは立派な処世術でる。

・仕事ができるということは出世するということだ。
 1に役職2に年収である。

・出世が止まった人は一つ下の役職に適性があったということだ。
 
・出世は決定権者の好き嫌いで100%決まる。
決定権者に嫌われたら、もはや出世は絶望的である。

・くだらない連中と群れるくらいなら、迷わず独りぼっちを選ぶべきだ。

・率先して派閥の代表者を選べばたいてい身を亡ぼすのは歴史が
 教えてくれている。

・天才は最初から天才。圧倒的な自分の得意分野で勝負するか、周囲の
 レベルの低い分野で勝負するかである。

・天才に嫉妬するおではなく、天才から学ぶ。

・自分で似たタイプで出世している人の真似をする。
成功者は自分の真似できそうな成功のモデルを見つけることに卓越している。

・好悪の情は理性を凌駕する。

2.社会人としての振る舞いの基本

・上司の悪口を言わないだけであなたは出世コースである。

・補欠の先輩ほど敬語を使っておく。

・相槌にはYESとNOの二通り存在する。
 YESと深く共感し、NOと一緒になって批判する相槌を打ち相手を乗せる。

・目上の人の今、大丈夫?とはあなたに許可を求めているのではない。
 YES以外の選択肢はない。

・名刺交換の1次予選は組織のブランド力。多くの仕事はブランド力で進め
 られている。

・名刺交換の二次予選は役職。

・名刺交換の最終選考は好き嫌い。人間が決断する以上、最終決定打は
 論理ではなく感情が圧倒的に多い。

・未熟者のうちは、周囲が嫌がる仕事に喜々として立候補しておく。

・雑用から卒業したければ逃げるのではなく極める。

・信用とは小さな口約束を死守続けることで築かれる。

・信頼は顔で決まる。

・有言実行するためには口数を少なくすること。自分自身が確実にできると
 確信したことのみをやるできると口にする。たったこれだけのことを継続
 するのは難しいが、継続できればカリスマになる。

・言い訳は相手から求められた場合に限り一度だけ。

・許してもらう前提で謝らない。どれだけ謝ってもたりないという覚悟が伝わって
 初めて相手の心が動く。

・反省とは不服申し立てをしないということ。

・感謝の心より、感謝を示すことの方が大切。

・何でもありがとうだけで済ませていると、いずれ孤立無援になる。

・目上の人に何かをしてもらったら、メールより直筆のお礼状がいい。

・目上の人からお断りのメールが届いたら、それに対してメールを
 返しておく。

・これからの時代、分をしることがますます武器になる。分をしるということは
 何かを成し遂げるために強力な武器となる。

・才能を活かすのは人格次第。

3.仕事にいい流れを作る対人術。

ここだけの話、すべての人は人間関係は苦手だ。

・上司が一番好きなのは叱りやすい部下。

・上司が一番嫌いなのは気をつかわせる部下。

・お酒が弱いなら下戸と公言しておく。

・さわやかに1次会で帰る術を習得しておく。

・人間関係を長続きさせたければ、短時間ずつ高頻度で連絡を取る。

・アドバイスをされたらその相手の実績と照合して傾聴する。その熱心さ
 に相手の気分を害さないし、おまけに反対を試して役立つことはある。

・奮発して大きなプレゼントをするとまもなく関係が途切れる。
 換言すれば継続できないプレゼントなら最初からしない方がマシだ。

・人間性は仕事を通して磨くものだ。

・無能を人間性で隠すのは卑屈である。未熟者のうちは正々堂々と卑屈
 に徹して、仕事を通して人間性を磨けばいい。

・有能で人間性を兼ね備えると一流。最終的には仕事で長期的に成功
 するためには、人間性が不可欠だと気づかされる。

・むやみに人と会いたがらない。あなたの価値が高まれば、必ず価値の
 高い出会いに恵まれる。

・安易に紹介を頼まない。

・目上の人と会っていただく際に無断で余計な人を連れていかない。

・詐欺師を見抜くコツは言行一致度を観察すること。二度続けて言行一致
 しない人とは関わらないことだ。

・人に好かれたければ自慢話を引き出して最後まで聞けばいい。

・相手のタブーに触れた瞬間、人間関係はご破算になる。

・運の悪い人の共通点は四流同士で運のいい人の陰口を言い続けていること。

・負のスパイラルを断ち切りたければ、運の悪いグループと今すぐ絶縁する。

・正のスパイラルに突入したければ、何が何でもいい人にしがみついていく。

・プロ以外と仕事をしない

4.努力の効果を最大化する超仕事術

仕事は抱え込むものではなく、実行するもの。

・マーケティングとは欲しくて仕方がない人に最短で辿り着くこと。

・セールスとは売ってくださいと頭を下げてきた人に売ってあげること。
 ただお客様の疑問にわかりやすく答えて、わかりやすく商品を説明すればいい。

・サービスこそ、お客様にとって全てである。広告宣伝はドーピングのようなもので
 リピートと紹介のサイクルが真の実力なのである。

・自分の好きなことではなく、他人に評価されたことを磨く。
 他人に評価されたことを磨いていると、更に多くの人から評価される。するとこれも
 悪くないなと感じられるようになり好きになっていく。

・苦手分野は5段階評価の2レベルにしておく。

・企画書の職人で終わらない。企画書の内容より、プレゼンしている人の実行力を
 見られているのだ。

・プレゼンの安売りをしない。

・要旨とはテーマ⇒結論⇒理由を100文字以内で述べること。
100文字話すと20秒前後。残り10秒で結論も言える。

・企画の目的はたった一つ。決定権者を出世させること。

・雑用+スピード+美しさ=企画力

・会議は最初に挙手すると決めておく。

・議事録係を1年やれば誰でもレギュラーメンバー入りできる。
 いま自分たちはどこへ進んでいるのかダイレクトに理解できる。
 
・明日までにと言われたら今日やる。

・ノロマと関わらない。

・ゼロから生み出すのではなく既存の知恵を活かす。
 わずかでもオリジナルを越えようとした痕跡を残す。

・一流の人の仕事ぶりを一度じっくり観察しておく。
 一流のプロは無駄な動きは少ない。一流のプロはスピードが猛烈に速い。
 一流のプロは膨大な量をこなしている。

・超一流はコツを一言で述べる。本質やコツを一言で述べるためにはいつも
 考えながら気づく姿勢が求められる。

・プロはシンプルかつスピーディー

5.逆境に負けない言葉

いまここで奮い立つ。どこまでも成長していこう。

・たいていの相手には努力ではなく工夫で勝てる。

・猫だましの勝ちは他人に譲ろう。

・自分の土俵では常に横綱相撲を取れるように準備しておく。
 真剣に遠回りした蓄積は必ず将来あなたの総合力として武器になる。

・強い者が勝つのではなく、勝ったものが強いは弱者の発想。

・負けるとわかっているのなら、棄権するのも立派な戦略だ。

・怪我や病気はすべてに優先して今すぐ休みなさいという啓示である。

・入院する最大の理由は熟睡して免疫力を高めるため。

・その壁を突破できないのは、そもそも突破する必要がないから。

・いつまでも苦労し続けているのは根本的に何かが間違っているから。
 目指すゴールが間違っている。努力の内容が間違っている。睡眠不足
 である。

・天才とは自分が輝ける場所を見つけた人である。

・フルオーダーメイドで自分が勝てる土俵を構築した人が成功する。

・何かの分野で突き抜ければ、他は誰かが手伝ってくれる。

・孤独は神様からのプレゼントである。

・裏切られる経験をして、初めて人生は次のステージに進める。

・陰口を言われ始めたらあなたは成功しかけている証拠。

・理不尽な仕打ちを受けたら最初の一回は徹底抗戦しろ。

・今の逆境はあなたが成功したら武勇伝に変わる。
 人の過去は未来でいくらでも明るく書き換えることができる。

・本物の出会いが欲しいなら、あなたがダイヤモンドになればいい。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

FC2USER934313IYM

Author:FC2USER934313IYM
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR