FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

打ち合わせの天才 野地秩嘉

仕事を前に進めているのは日常の打ち合わせである。
日ごろの打ち合わせが仕事を成功に導くカギなのである。

1.打ち合わせの目的

・打ち合わせとは自分の意見を押し通す場所ではない。
他人の意見、話を評価し、受け入れるのが目的である。
 自分の意見は最後にそっと付け加える。

明敏なるものは受け入れる。愚者は我を通す。
愚者は自尊心に縛られすぎ。常に自分のやり方に
こだわってしまう。常に自分を正当化したがる。
己の内面を重んじる人は総じて謙虚です。
他人の言うことに批判であれ提案であれ耳を傾け
それを活かそうとする。

打ち合わせとは上司が部下に業務の指示を行う。
もしくは業務の関係者が集まって情報を共有する
ことだろう。メモを取り、疑問点があれば質問する。

打ち合わせの目的は3つある。
1つ目は相手を知るということ。
詳しい事情を知ることが打ち合わせの何より
大切な目的である。2つめは打ち合わせをして
ためになることは他人と話していて自分が
どれだけモノを知らないかが確認できることだ。
打ち合わせは学ぶことの意義を知る絶好の機会
でもある。次に大切なことは打ち合わせはたとえ
失敗しても、その失敗が後々のためになるという
こと。3つ目は友人をつくることである。
相手と話しながら意識的に友人をつくることである。
業務の秘密以外は隠し事をしないで何でも打ち明ける
ことである。友人になるには自分をさらけ出すしかない。

人とのつながりで大切なのは、相手が好きな自分を
目指すのではなく、誰に対しても変わらない態度で
いられる自分になることだ。

人はゴルフ、打ち合わせといった他者とのコミュニケーション
によって自分を磨いていく。ただし、それは自分から変わろう
という意識がないとだめだ。自ら変化を作り出す気持ちが
なければ姿勢は変化しない。

意識が変われば態度が変わる。
態度が変われば行動が変わる。
行動が変われば習慣が変わる。
習慣が変われば人格が変わる。
人格が変われば運命が変わる。
運命が変われば人生が変わる。

2.昼の打ち合わせは雑談力が勝負

実際に自ら起案したプロジェクトを実現させている人とは
腰が低く、愛想がよく、しかも仕事相手を持ち上げながら
その気にさせていく人である。
戦略的に相手をヨイショして、関係者を心地よくさせ、そして
自分のプランを実現する人なのである。

ヨイショ、人を持ち上げることは相手をじっくり観察してできる
高等テクニックである。相手も気がつかなかったような本質を
褒めることがヨイショで、ただ褒めまくるこてゃゴマをするという。

相手を持ち上げることは人間関係を円滑にする手段だ。
このネクタイどこで買ったんですか。いいデザインですねなど。

雑談はあくまで打ち合わせに入るまでの間を持たせることである。
雑談に臨む際に重要なのは二つの態度である。
セクシーな情報を提供して相手の関心を引き付けること。
セクシーとは人の気持ちをひきつける意味である。
へえそうなんですかと相手から相槌を打たれるのが
返ってくるセクシー情報である。

一般分野での話題に自分の観察を付け加えて話すのが、ビジネスマンの
雑談である。

雑談とは話すことではない。相手の話を聞くことである。
雑談力とは内容ではなく、話すときの態度と姿勢である。
それは雑談を繰り返すことによって次第に身についてくる。

自分の話術に自信がなく、人と話すこと自体が得意でなければ何か
道具をもっていけばいい。

3.打ち合わせに臨む姿勢

打ち合わせはとにかく自分から誘うことである。
清潔感ある服装、顔は明るく生き生きとしていよう。

あなたのことを理解したいという態度。

三流は人の話を聞かない。二流は人の話を聞く。
一流は人の話を聞いて実行する。超一流は人の話を聞いて
工夫する。羽生善治

大切なのは質問をやめないことだ。好奇心こそ我々の存在を
示すものなのだ。アインシュタイン

あなたのことを理解したい。あなたから学びたいという態度で
ビジネスについて聞く。

相手や相手の話を自分の好き嫌いの感情で判断しない。
好き嫌いで人や情報を判断してしまったら、自分の心地よい
話しか耳を傾けなくなる。

自分の好悪の感情なんていい加減なものだ。

メモは一言一句とるのではなくセクシーな情報などにとめる。

企画を売り込む時は短い言葉でズバッと内容を伝える。

話がスムーズにいかないのは、話術や話題の問題ではなく
提案するプランが面白くないから。面白い人を目指すのではなく
あくまで魅力ある提案を。

4.打ち合わせの達人

アポイントをとるのが上手とされている人は一つの手段に偏重
するのではなく、時と場合に応じてメディアを選んでいる。
手紙を書くなど。

相手の気持ちの状態まで推測してアポイントの電話をかける。
今日は晴れているから電話をするなど。

知ったかぶりをすることと、小さな約束をして果たさないこと。
これはやってはいけない。

相手をもてなすとは自分がもてなしてほしいことを追求すること。

聞き上手な人は仕事相手から失敗談を引き出し、そこから学んでいる。

相手の心をつかむためには最終的に自分の中の欲求を満たさなければ
ならない。

5.人をもてなすときには想像力を

想像力を鍛えるのは、あんなの最初からわかっていた、そんなことは
嘘っぱちだよとか軽蔑する態度ではいけない。
バカげたことを信じて、自分の中の想像力のキャパシティを広げていく。

想像力があれば他人をより深く観察することができる。

想像力を鍛えようとして他の人の話を聞くことは、相手の好意を得られる
ということでもある。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

FC2USER934313IYM

Author:FC2USER934313IYM
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。