FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界のエリートは10冊しか本を読まない 鳩山玲人

①自分の課題を解決する本を10冊だけ選ぶ
②6つの基準を参考に選ぶ
はじめとおわりを味見する
教授で選ぶ
注目している人が読んでいる本を選ぶ
社会人向け公開講座の推薦図書を選ぶ
図や絵が豊富な本を選ぶ
書店ランキングを活用する
③10冊をデスクの上に置く
④その都度、参照する。
・アテンションをはっきりさせる
 10冊に絞ることで注意が集中する。
・リマインダーとして使う
・実践につなげる
⑤合わない本を処分し、空き容量を増やす
⑥自分ならどうする?で読む
⑦課題と結果に全意識をフォーカスさせる

ビジネスで結果を出すこと。
目の前の課題を解決すること。
そこに意識を徹底的に向ける。

実践として応用する力は本を読み、講義を聞くだけ
では身につかない。知っているをできるに変えるのは
当事者として行動する以外に成果を上げる近道はない。

自分が主人公ならどう判断し、実行に移すのか考える。
自分の現状と本の内容を照らし合わせる作業を続ける
ことで自分だったらどうするという思考は自然と鍛え
られる。

日本にはその次のことを考え、予測することの訓練が
少ない。

本を読む目的は課題解決だけである。

直面する課題を解決するために読む必要がある本。
テーマに興味があって、実践してみたいと思っている本。
将来の自分にとって有益だと思える本。

得たいことさえ得られればそれでよし。
答えに一刻も早く辿り着くことが大切。
課題解決はたった1行でも十分。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

FC2USER934313IYM

Author:FC2USER934313IYM
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。