FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

余計なことをやめてみる 植西聰

「しない」「求めない」「振り回されない」ということを心がけて
もっと身軽に、心も軽く、シンプルに生活する。人間の行動
はすべて心が作り出します。だから余計なことをせずに生
きていくためには、まず心から余計なものを捨て去ることが
大切になる。余計な思いが余計な行動を生み出し、そして
その余計な行動が苦しみを生み出す。この一連の流れを
業という。この業の源泉にあるのがその人の心である。
禅では心を正すことを重要視する。

人もあの雲のように何も求めず、何も執着せず、無心と
なって生きていくのがいい。

・余計ない心配をしない。(無心にして大道に帰す)
 余計な心配事、無駄な悩み事を持たない。

・嫌な記憶は上手に忘れるのが自分のためになる。
 忘れてこそ心安らかでいられると知る。
 (坐忘・・・座禅して、雑念を生み出すものを全て忘れる)

・大きなことを成し遂げた時こそ、謙虚でいる。
 百不知百不会(何も知らない何も理解していない)

・人に気に入られるよりも、まずは自分自身が精一杯生きる。


・一つのことだけに専念するトレーニングをやってみる。
 例えばお茶を飲むことだけに専念する時間をつくる。
 仕事への集中力を高める効果が期待できる。

・心から不要なものを落とし去る時間を持つ(孤雲本無心)

・執着心を捨ててこそ現実を正しく認識できる。
 どうがんばっても不可能なことにいつまでもこだわることを
 執着という。執着に心をとらわれるとありもしない幻に心を
 惑わされて、愚かなことをしてしまう。

・時間が経つのが忘れられる環境に身を置く。

・何かを始める時は無心になってから始めるのがよい。
 無心とはうまくやってやろう、人に褒められたい、一儲けする
 などの思いを捨てるということである。

・一生懸命生きる姿が人を惹きつける。

・自分をよく見せる必要などないと知る。

・賢い人よりも愚かな人として生きる。
 愚かな人間は他人のやっていることに余計な口出しはしない。
 自分のことを自慢しない。謙虚に自分自身と向き合いながら
 生きていく。自分のやるべきことを不器用ながらも着実に進めて
 いきます。

・何にも頼らずに、我が身一つで生きていく覚悟を持つ。
 (本来無一物)権力や知識に頼らない。

・裸同然になっても人間は生きる力がある。

・他人の説く生き方にこだわらず、自由自在に生きてみる。
 道などない方が道に迷わなくていい。

・無心になってリラックスすると実力を発揮しやすくなる。

・名誉や利益より志を遂げる生き方を優先する。

・まずは目的を果たすことを優先する。

・具体性のあるアイデアを実行してこそ意味がある。
 実践的な知恵や具体的な議論を実際にこうどうに移す
 ということが大切になる。

・大丈夫、心配しない、どうにかなるで生きていく。
 どんな事態でも慌てない、騒がない。

・必要なものが全てそろったから、いい仕事ができるとは
 限らない。必要最低限のものでシンプルに仕事を進める。

・不必要なことをするから、かえって窮地にはまる。

・自分の運命を受け入れて自然に従って生きていく。

・思い込みを捨ててありのままの真実を見る。

・いまやるべきことを一つずつ解決していく。
 将来を心配するより、いまに集中する。

・いまやるべきことを無心になってやることが希望ある
 未来をもたらす。

・1日1日がかけがえのない大切な日だと知る。

・1日1日をどのようにして、新鮮な気持ちで生きるかを
 考える。

・命の無常を知り、時間を大切にして生きていく。

・後悔も心配も意味のない妄想だ。妄想とは禅的な
 意味で不可能なこと、現実的でないことをいつまでも
 悩むという全く意味のない行為を表す言葉である。

・ボヤボヤしている間に時間はどんどん過ぎ去っていく。

・普通に行っていることを大切にしていく。

・工夫次第で無駄な行為が有益な行為になる。

・心から不要な雑念を洗い流す。

・人の心は本来美しく澄んでいるのだと知る。
 心から感情の汚れを拭き取る。
 人の心は放っておくとどんどん汚れていく。

・無駄なことをしていることを知り、意味のない
 ことをやめる。自分が続けている努力は役立って
 いるか反省する。

・他人の力に頼っても自分の志は成し遂げられない。
 最後まで自分の力で頑張り抜く。

・いつまでもまっすぐ素直な心を持ち続ける。

・言わなくてもいいことは言わないと決めておく。
 賢明な人は黙ることを知っている。

・結論の出ない論争は繰り返さない。
 無駄な論争よりも、益になることを実践する。

・意味のない論争などいくらやっても無駄だと知る。
 論争よりもやるべきことをちゃんとやる。

・余計なことを言わなくても理解し合える関係がいい。

・有難迷惑になる行為はしない方がいい。

・私は負けないという自信があれば平然としていられる。

・他人は自分とは異なった世界観を持っていると知る。

・相手の真意に対してよく目を見開いて理解する。

・大切なものはじつは身近にあると気づく。

・問題解決のヒントはすぐ足元にあると気づく。

・何もかも捨て去った時に何をなすべきか見える。

・自分がしてしまったことは隠しおおせるものではない
 と知る。

・人の言葉に惑わされて心を動かさない方がいい。
 自分自身を信じ、自分の生き方を貫く。

・常識にとらわれていると人生の選択肢が狭まっていく。

・理屈で考えるより、実践を通していかに生きるかを知る。

・自分だけの人は不幸になり、人々のための人は幸福になる。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

FC2USER934313IYM

Author:FC2USER934313IYM
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。