FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あなたの生産性をあげる8つのアイデア チャールズ・デュヒッグ

①やる気

退屈な仕事をひとつの選択肢に変えれば、容易にやる気が
出てくる。自分で自分をコントロールしているという感覚が
快いからだ。最初の一歩をしっかりできれば、自分で自分を
コントロールしているという意識が生まれる。そしてその選択
を自分のより深い価値観や目標の肯定として受け止めれば
やる気が出やすい。自分は自分の意志でやっているのだ。
自分は意味ある目標に近づいているのだということを自分に
証明できるような選択をすることでやる気は引き出される。
まず選択することが大切。あとは自分に対してそれを説明
できれば仕事を始めるのはずっと容易になる。

②目標設定

ストレッチゴールは大きな野心に火をつけるゴールである。
スマートゴールは具体的な計画を立てるのに役立つゴールである。
この2つを同時に立てる。まずToDoリストをつくり、理想的な目標を
書いてみる。サブの目標とスマートゴールの各要素を書く。
メンタルモデルの例証となるような理想的な状態を見つける。
それを意識することで、そこに近づくにはどうしたらいいか考える。
このストレッチゴールの下にスマートゴールをつくる。
具体的に、計測可能な、達成可能な、現実的な、タイムラインを
書き出す。野心を反映しているようなストレッチゴールを設定する。
それをサブゴールに分解し、スマートゴールに発展させる。

③焦点

趣旨を見失わないためには、自分が何を見たいのかについて
繰り返し自分に物語を聞かせることでメンタルモデルを構築する
ことだ。これから何が起きるのか思い描く。最初に何が起きるのか。
どんな邪魔が入る可能性があるのか。いかにしてそれを阻止する
のか。何が起きて欲しいのか物語を聞かせることで、計画が現実
と衝突したときにどこに重きをおけばいいかという判断がはるかに
容易になる。

④決断

複数の未来を思い描き、どの未来が最も実現性が高いか、それは
なぜかを考える。複数の未来を思い描く。無理してでも様々な可能性
を想像することによって、そのいくつかは互いに矛盾するかもしれない。
より賢い選択ができるようになる。様々な経験や視点や他の人々の
意見を集めることで、ベイズ理論的直観を研ぎすますことができる。
情報を集め、じっくりその情報を分析することで、選択はより明確になる。

⑤チームワークをより効果的にするには

誰がチームに加わるかではなく、どのようにチームを運営するかの方が
重要である。全員がほとんど平等に話ができ、チーム全員が他のメンバー
がどう感じているかを気にしていますよと表明することができるときに
はじめて心理的な安心感が生まれる。もしあなたがチームリーダーだとしたら
自分の選択がどのようなメッセージを発しているのか考えるべきである。
みんなが均等に話すことを推奨しているのか、それとも声の大きな人を
優遇しているのか、誰かの発言を繰り返し、質問に答えることで私は
聞いていますよということを伝えているのか。誰かが動揺していたり、
不満を抱いていたりするときにすぐに反応することで、自分の感受性を
証明しているか。他のメンバーたちが見習えるようなお手本を示して
いるのか。

⑥周りの人の生産性を高めるには

柔軟で機敏なマネジメント技術によれば、社員たちは自分にはより
大きな決定権を与えられているのだと感じ、かつ、同僚たちは自分
の成功を支援してくれていると信じることができたとき、より効率よく
より速く、働く。

問題の一番近くにいる人に決定を委ねることによって、経営側は
各社員の専門知識を活用することができ、改革を促進することが
できる。

自分で自分をコントロールしているという意識がやる気を引き出す。
だがその意識が洞察や解決策を生み出すには、自分の提案が無視
されないことや失敗しても罰が与えられないことを知っている必要がある。

⑦改革を促進するには

しばしば創造性は、古いアイデアを新しい形で組み合わせることから
生まれる。そのときイノベーション・ブローカーの存在が重要になる。
自分自身がブローカーになり、組織内の流動性を高める。

自分の経験に対して敏感になること。自分はどうしてこんなふうに考える
のか、感じるのかに対して敏感になると、月並みなアイデアと真の洞察
との違いが見えてくる。自分の感情的反応を詳しく分析することだ。

想像のプロセスで生じるストレスは、全てが悪い方向へ向かっている
という兆候ではない。むしろ創造上の絶望的な状況は、驚くような結果
を生むことがある。不安のせいで古いアイデアに新しい光を当てられるように
なることもある。

最後に、創造的突破に伴う安堵感は快いが、他の可能性を見えなくする
こともある。自分たちがすでに成し遂げたことに批判的に振り返り、別の
視点から、全く新しい人に新たな権限を与えることで目の曇りを防ぐ
ことができる。

⑧データをよりよく吸収するには

新しい情報に出会ったら、無理にでもそれを使って何かをやってみる
ことである。自分が学んだことを説明するノートをつくるとか、そのアイデアを
検証する方法を考えるとか、データを紙の上に図示してみるとか、友人に
そのアイデアを説明してみるとか。私たちが人生において行う全ての
選択肢は実験である。大事なのは、その決断の中に含まれているデータ
がなんであるのか見極めることである。それができればそこから何かを
学ぶことができる。

より賢く、より速く、より良くなるためには他の人には見えないような
選択肢を見抜くことである。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

FC2USER934313IYM

Author:FC2USER934313IYM
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。