FC2ブログ

BCGの特訓 木村亮示・木山聡

成長の方程式①:マインドセット(基本姿勢)+スキル

成長の方程式②:正しい目標設定+正しい自己認識

成長を加速させる鉄則

成長をPDCAで自動化する。

1.マインドセット(基本姿勢)+スキル

・スキルマニアになってはいけない。
いつ、どこで、何が必要か自分で判断し、成果への貢献=本質的な成長
の視点で見る。

守破離 

守 基本を守って学んだ通りの型を習得する段階

破 学んだ型を基本として自分の考えたいいものを発展する

離 自分自身の型を作り出す

・スキルは集めるより使い方が重要

どのようなスキルであっても、いつ、どのような形で使うべきか
判断する力がなければ成果にはつながらない。

次々に発生するさまざまな課題に対してスピーディに対応していく。

スキルの使い方を身に付けるに相当するのはアウトをとる投球術
を身に付けるということだ。球種を増やすだけではアウトはとれない。
優れたピッチャーが多くの情報を考慮に入れながらピッチングを
組み立てている。どのようなアプローチが有効か考えて、スキルを
活かせるなら使うし、そうでなければ使わない。

①しっかりとした土台となるマインドセットをもったうえで
②個別のスキルを習得し③そのスキルの使い方を磨く。

・成長に必要なマインドセットとは

①他者への貢献に対する強い思い

成長は手段でしかない。クライアントの役に立てるようになるために
成長したい。これが一番強い原動力になる。

②何度もチャレンジを継続できる折れない心

できるか、できないか不明な状況でも足を止めず、あきらめずに
やってみないと成長はできない。
不安に負けずにやってみることで学ぶことができる。

③できない事実を受け入れる素直さ

自分に原因があるのではないかと考える。
客観的な素直さ謙虚さ。そこから改善点を見つけて、建設的
により良い解ややり方を追求していくことができる。

・成長する経験

①クライアントと対峙する場に飛び込む

②小さな成功体験を積む

③挫折、失敗経験を上手に振り返る

④立場が変わる

成長を続けられる人とはめげずに試行錯誤しながら
自分で成長できる人だ。

ビジネスを引っ張っていく上で最後に大事になって
くるのは、自分は何を成し遂げたいのか、伝えたいのか
というメッセージ(思い、思想)である。

・成長には正しい目標設定と正しい自己認識が必須である。

成長=(目指す姿)ビジネスで成果をあげている状態=目標

現状=自分(自己認識)のギャップ(課題)を埋めること。

目標設定の落とし穴

①具体性のないスローガン

②憧れのあの人になりたい 自分の強みをベースにした自分の戦い方を見つけよう

③目の前のモグラたたきに夢中になる 手段が目的になってしまう可能性

自己認識の落とし穴

①原因他人論

②永遠の青い鳥探し

③誰にでも無意識の思考のクセがある

・問われるのは成長のスピード

時間当たりの学びの効果を増やす×学べる時間を増やす

①スイッチオンの時間を増やす

学びのアンテナをオンにしておくことで、他人の経験までも自分のものに
することができる。

一流料理人は全ての手順に理由がある。

②自分の目を肥やす

いいものを見ることは、極めて効果の高い学び方

良い手本にたくさん触れてそのエッセンスを自分のものにしていく。

自分だったらどうするかという見方をする。

③自分の行動を分解する

行動を因数分解する。
一回の経験をどこまで広い範囲で応用につなげられるか。

振り返り⇒因数分解⇒整理⇒応用

行動をリバースエンジニアリングする。
行動に至るまでの自分の思考をさかのぼって分析し、
どうしてそうしたのか、あるいはしなかったのかを明らかにする。

なぜ誤った選択をしたのか突き詰める。

④とにかく実践する。変化する。

高速かつ大量に学びPDCAを回す。

実践からしか学べないことは多い。

実践し続けることで、そのこと自体が学びの機会になる。

成長を加速させるためには能動的な考え方と行動が必要だ。

任せてもらえる人は上司とコミュニケーションをとる。






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

FC2USER934313IYM

Author:FC2USER934313IYM
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR