FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伝える技術 風間八宏

川崎や名古屋で独特のメソッドで独自のスタイルのサッカーをつくって
いるサッカー監督の風間八宏氏のチーム作りに関して本です。

基本的な姿勢は人のせいにするな。物のせいにするな。
うまくなるためには、監督やコーチにやらされている間は上達
しない。自分がやる状態にもっていく必要がある。

相手の尊厳は否定しない。
否定していいのはプレー(仕事)だけ。
仕事の問題として指摘すれば、感情論ではなくなる。
感情がもつれていて、伝わることも伝わらない。

頭の中を変えようという意志があるのは、自分と
しっかり向き合って、自分で考えている人間だけ。

自分としっかり向き合っていない相手には
あまり伝えない方が伝わる。
自分自身を見つめているなら、伝えても伝わる。

安易に伝えすぎてしまうと、自分で考えなくなり、
変えられる頭の中も変わらなくなってしまう。
自分で考えないと結局伝わらない。

逃げたパス、逃げたトラップほど失点につながる。
失敗しても構わない雰囲気を練習から作った方がいい。

実際に見たり、経験したりすると頭の中を変える
足がかりができる。

自分で考えることがなければ、意味がない。

継続と刺激によって技術はどんどん高まる。
こだわればこだわるほど、自分に向き合い始めていく。

頭の中を変えるには極端に持っていく方が早い。

自分と向き合うとは、自分で考えて、自分で判断して
自分で行動を選ぶことである。サッカーとは自分の意思
でやるもの。いろいろ教えられすぎた結果、自分で考える
ことをしなくなった選手が多すぎないか。

詰め込むデータを少なくして、自分で考えるための容量を
空けてやる。伝えないのは頭の中の空き容量を増やすため。

日本人の長所は考える力があること。頭の中の技術に上限
はない。答えまでの式は一つではない。どの式を選択するか。
そこを選手たちは頭を使って考えなければならない。

言葉で伝えることが逃げ道を与えることになりかねない。

自分に向き合えばいくらでも変わるきっかけをつかめる。
とにかく逃げてはいけない。

好きなものを突き詰めようとすれば、努力が苦にならない。
努力を努力とは思わなくなる。

楽しむことを怖がるな。
好きなことを真剣に一生懸命取り組む。それが楽しむこと。

技術とはボールを扱う技術、頭を扱う技術、体を扱う技術。
心技体である。この3つを駆使して相手に勝つことである。
限界のない頭を伸ばすことで体も技術も伸ばすことができる。

懸命に相手に伝えようと思えば、言葉が大してできなくても
必ず伝わる。

プロサッカー選手として自立し、監督の要求をこなしつつ
自分なりの武器を見つけて生きていく。そのためには
目と耳と口の全てを働かせて、見て、聞いて、伝えること
で自分を磨いていくしかない。

自分で臨まなければ何も始まらない。
自分で望むようにさせるのに伝えない、伝えるの選び方は
とても大切である。

人のせい、物のせいにしないで済む。前向きでいれられる
目標を伝えよう。

受け身になるような言葉ではなく、優位に立てる言葉で
伝えることを意識する。

よく使われる言葉ほど実は意味が曖昧である。
外国語などは特に注意すべき。正確に意図が伝わるか
一度疑った方がよい。

~しなければならないは天井をつくること。
~してやろうが次につながる。

頭の中を変えるにどうするのか。
考え方を整理できればやらされている状態からやって
いる状態になる。

個人の利益とチームの利益が一致していればよい。

チームの中で上にいる人間をどう触っていくかで
チームは変わる。

失敗というのは気づかないことと、やろうとしない
ことである。気づかせ、やらせる。日々それらを
伝えるのが指導者の最大の仕事である。

集中力とは目的達成意欲、楽しもうとする思い
そして不安の3つの要素で構成されている。
不安というのは自分と向き合っているからこそ
どうしても付きまとうものである。
しかし不安があるからこそ緊張感も生まれる。
不安が2割、目的達成意欲4割、楽しもうとする
想い4割 4-4-2くらいの割合がちょうどよい。

風間監督が自分と向き合うという言葉を強調していた
のが印象的だった。自分と向き合うとは自分で考える
ことである。これがなければ成長はできない。
選手をそう仕向けるために伝える、伝えないという
アプローチをとる。そのサッカー哲学はサッカーとは
関係のない私にも参考になる考え方でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

FC2USER934313IYM

Author:FC2USER934313IYM
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。