FC2ブログ

すぐやる技術 植西聰

1.すぐにできないのは心の状態のせい?

すぐやらなくてもそういう自分が好きなら問題はない。

心にプラスの感情が多いと、そのエネルギーが、同じくプラスの出来事
を引き寄せる。自分を好きになれば、心にプラスの感情が増える。

心にマイナスの感情が多いと消極的になる。
すぐやる人になるためには心の中にあるマイナス感情を減らしていくことが
大切です。心の状態がマイナスだとやる気があっても打ち消されてしまう。

すぐやる人だって完ぺきではない。
次のときに行動力を発揮できるのは、心にプラスの感情が多く、失敗しても
プラスに受け止めることができる。とりあえず試してみたけど、うまくいかなかった
すぐに取り掛かってみたはいいけど、思っていたのと違ったからやめたという経験
は多い。

すぐにやれない自分を責めない。すぐにできない自分自身を受け入れて前に進もう。

できない理由がわかったらすぐできるように改善していけばいい。

すぐやれると信じることから始める。人生は自分が思っている以上に心の状態に
影響されやすいものである。いまがどんな状態であっても、この先、なりたい自分に
なることが可能である。

具体的にイメージするほど早く実現できる。
なりたい自分を具体的に想像しよう。

過去の自分と今の自分は違う。
人は他人の失敗など、たいして気にしていません。
今の自分ならもっとうまくなれると信じる。

2.失敗を恐れすぎていないか?

スピードを求めるときは結果にこだわらなくていい。
自分の嫌いな人は成功しなければ、自分には価値ががないと考えてしまう。
失敗したっていい。うあmくいっているときも、そうでないときも、どんな自分
にも価値がある。まずは失敗してもいいから、動ける自分を目指す。

失敗するのは悪いことではない。
何もやらないより失敗する方がまし、動いた分だけ失敗が増えるのは当然。
すぐ動くことで失敗することが怖くなくなる。

ダメでもともとと考える。
前向きに動くことで結果がついてきた。
何もしなければ良い結果は得られない。

準備万端でなくてもすぐに始めていい。
今すぐできることから始めることが大切である。
万全の態勢で行動できることは現実にはほとんどない。

トラブルが起こったら、その場で解決すればいい。
トラブルを解決するためにすぐ動くという経験を重ねると
すぐにやることに対するハードルを下げることができる。
トラブルは避けられないもの。解決するために動けばいい。

試してみなければわからないと言い聞かせる。

すぐ動くと問題は簡単に解決できる。
問題というのは放っておけば放っていくほど大きくなっていく。

すぐやると後で困らないで済む。
面倒なことは、困る前に対処しておくクセをつける。

完璧にできなくてもいいと考える。
完璧な結果を出すことより、誠実にできることをすることが大事である。
完璧を求めると身動きとれなくなる。

苦手なことは先にやると後でラクになる。
先延ばしは時間泥棒と同じ。
すぐに動けば苦手なことでも乗り越えられる。

周りの人が言うことは気にしすぎない。
すぐにやりたい気持ちを大切にすれば、動くのは怖くない。

やるからには成功しなければならない。
という思い込みで消極的になるより失敗してもいいから
やってみようと考える。すぐに動けば解決できる。
準備万全じゃなくても手をつけてみよう。

3.時間を意識することですぐやる自分になる

今やるべきことを真っ先にする。
すぐやる人になるためには、物事に優先順位をつけて行動
することがとても大切。今はこれだけをやるという強い意識を
もって行動する。

後回しにしていいことを教えると、今やるべきことをよく見える。

やらなくていいことはどんどん削除していく。

目標を決めればスムーズに動ける。
重要なことは目標があると、迷いなく進めることができる。

重要なことをやりきるためには、目標を小さく切る。
目標を小さく区切ることで最後までやる気を保ったまま進める。

安請け合いしない。

空き時間を上手に使う。
短い時間でも、すぐに動けば意外にやれることはある。

時間の価値に気がつくと前に進める。

言い訳をやめる。
できる理由を見つければ、言い訳をしないで済む。

不満を解消するために動こう。

時間はカネである。優先順位をつけてやらなくて済むことを洗い出す。
意欲はあっても思うように進まないときは具体的な目標を決めてみる。

4.やる気を出す考え方

できる理由を見つける。

すぐやる人のメリットを考える。

それができたときのメリットを書き出す。

夢があるなら、写真やイラストを使ってイメージする。

最悪の事態を想定すると不安が消える。
悪い状況になっても乗り越えられるとわかれば動ける。

チャンスは逃さないと心に誓う。
チャンスをつかむには、やる気を持ち、すぐに動ける準備をしておく
ことである。

このまま何もしないで後悔しないか。と考える。
チャレンジして失敗することを恐れるより、何もしないことを恐れろ。
何かをやって後悔するより、何もやらない後悔の方が大きい。

チャレンジすることで得るものがあると考える。
成功するか、失敗するか、実際やってみないとわからない。
チャレンジしたことは決して無駄にはならない。

同じチャレンジをして成功した人に力をもらう。
自分がやろうとしていることと似たことに挑戦して、成功したことを
思い出し、力をもらいましょう。ここまで進んだと成果を確認すると
挫折を防げる。

やるべきことの中にやりたいことを見つける。
同じ仕事でも捉え方一つで、つまらない仕事にもなるし、やりがいの仕事
にもなります。

他人のためと思うことで前へ進める。
人の役に立ちたいとおもうことでやる気が引き出される。

やる気を出すためにできる理由を考えてみる。
デメリットでなくメリットに注目する。同じ仕事でも捉え方一つで
つまらなくても面白くなる。

5.すぐやれる仕組みを作る

意思に頼るより仕組みに頼ったほうが結果は出る。

やるしかないという状況に自分を追い込む。

自分でなくてもできることは外注する。

やることに順番をつけて書き出す。リストに書いてある
順番通りに淡々と進める。

時間を決めて一気に動く。

嫌な予定と嬉しい予定を一緒に入れる。

気分を盛り上げるアイテムを活用する。

周りの人に宣言して自分を動かす。

身の回りを整理整頓する。
段取りが悪いと、次第にやる気まで失ってしまう。

環境を変えてみる。

良い道具の力を借りる。

自分自身の特性を活用する。

すぐやる仕組みを作る。やるしかない状況に自分を
追い込む。苦手部分を人に頼む。作業時間を決めておく。
嫌な予定は好きな予定と一緒に組む。いろいろ手はある。

6.すぐやる人が実践している人付き合いのコツ

自分から話しかける。
出合いの場はチャンスがあるので自分から積極的に動こう。

どんなことでもすぐ返事をする。
先延ばしをせずに返事をする習慣をつければ、行動力を伸ばせる。

頼まれたことは早めにやってしまう。
頼まれごとを済ませられると、周りの人から評価してもらえる。

誘われたらすぐに応じる。
言い訳しながら遅い返事を送るより、簡単な文で早く返事をすることを
こころがけるとよい。誘われたときの返事は文面よりスピードを重視する。

できるだけ早く断る。
返事をするのが早ければ早いほど相手にも迷惑をかけず
簡単に断ることができる。

行動力ある人の真似をしてみる。

同じ目標を持つ仲間を作る。

やりたいことを楽しんでいる人に話を聞く。
わからないことが多いと動きが鈍くなる。

人と争うのをやめる。
マイナスな感情がマイナスの出来事を引き寄せる。
やりたいことが大きければ大きいほど、心の状態をプラスにして
おくこと必要がある。自分自身のために嫌いな相手を許すことが
大切である。他人を恨む気持ちはやりたいことを邪魔する要員になる。

自分を認めてくれる人と交流する。
プラスの言葉をかけあえる仲間がやる気をくれる。

人のためにやったことで自分が元気になる。
人に喜んでもらったことが自分の自信になる。

人付き合いにもスピードが命。
声をかけようか迷ったときは掛ける。
簡単で構わないから返事はすぐに出す。
頼まれごとはすぐに片付ける。
喜んでもらえた実績が自信になる。
いい人生を歩める。

7.自然体の方がうまくいく

いつも頑張らなくていい。ゆっくり休み、ゆとりができると
動きたいときに本気を出せる。無理のない予定を立てる。
やるべきことをやったら、あとは天に任せる。

8.すぐやるじぶんになるためにできること

ネガティブな言葉は使わない。
わらっているうちに楽しいことはやってくる。
自分だけは自分に優しくしてあげる。
そうして心をプラスに保つことですぐやれる自分になる。

ネガティブな言葉はなるべく使わない。
ネガティブな言葉はやる気を出したくても出せない。

前向きな言葉を意識的に口にすると、やる気が湧いてくる。

今がベストタイミングと考える。

小さな失敗は気にしない。
予定通りにいかないことがあっても当たり前と考える。

笑っているうちに楽しいことがやってくる。

こんなこともあるさと受け入れる。

プラスの言葉に接する環境に身を置く。

自分で自分を励ます習慣をつける。

マイナスの言葉をつかったらプラスの言葉で打ち消す。



9.自分を信じる

銚子のいいときの自分が本当の自分である。
そう考えることで気分が沈んだときも自分を大切にすることが
できる。いついも調子のいい自分を目指すことができれば
なりたい自分に近づける。

なりたい自分になれるか、なれないかは、自分の心や言動で
十分変えることができる。。

頭の中に理想の自分の姿をイメージすることで、実際に理想な自分
に近づこうとする。

肯定的なイメージを持てば、自分が望むものを引き寄せられる。
できない自分を想像したらすぐに打ち消す。

コンディションを整える。

他人と自分を比べるのはやめる。







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

FC2USER934313IYM

Author:FC2USER934313IYM
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR