FC2ブログ

すごい習慣力 富山真由

・人は急には変われない。ただ習慣にすれば大きく変わる。

人は日々習慣に支配されている。75%は無意識の行動である。

そもそも人間は変化を嫌う生き物である。
やる気や意志だけで何かを続けられるほど強くはない。

集中が続く習慣は25分集中したら5分休むことである。

複数の仕事を同時にやるより、1つに集中して取り組む方がはるかに
生産性は高い。同時進行より1タスク集中。

1.小さく始める

簡単で確実にクリアできそうな小さな目標から始める。
少しずつハードルをあげていき、小さな目標を何個もクリアしながら
達成感を味わう。

いますぐできる小さな行動をとにかく始めてみる。
自分ならできるやってみたいという自己効力感を高める。

目標は小さく、細かくする。
小さい成功を繰り返すといつの間にか大きな成功が手に入る。

3日目ではなく4日目の自分をイメージする。
まず小さく始める。やる気には絶対に頼らない。3日ではなく4日も行動している
自分をイメージする。

25分集中5分休むで生産性はアップする。

サクサク終わらせてを口癖にする。
めんどうくさいは口にしない。非常に強固なネガティブ感情である。
面倒くさい感情が起こる前に行動する。
やる意味を自らつくる。

忘れたらまた覚えればいい。
具体的にイメージできることは実現できる。
ある程度光景が浮かんだ時点で成功確率は高い。

成功している姿をイメージすることが、成功の近道。

2.やらないことを決める

やらないことを決めるとやりたいことが次々とできる。

同時進行より1タスク集中。1つに集中して取り組む人の方が
はるかに生産性が高い。

タスクの細分化は作業段階を5つに分ける。
1日の作業時間を3つに分ける。

1つの作業が終わるまで別のことは一切やらない。

明日でもいいことは無理に今日やらない。

スケジュールの余白をつくる練習。

小さく入れ替えていく。

仕事は8割主義でも意外にうまくいく。

自分の見積もり時間に1.2~1.5かけて考える。

どの作業に時間を奪われているか考える。

苦手な業務はサポーターの力を借りて上手に乗り切る。

3.しくみをつくる

ミスの傾向をまず知ること。

モノの置き場所を決めておく。

1日の予定に1時間の余白をつくる。

重要な2割だけに力を集中する。

見える化すると仕事も人間関係も好転する。

やるべきことを紙に書き出して見える化してみると、想像していたより楽に
できそうなどと冷静に見ることができる。

まだ起こっていないことはむやみに考えない。
ありもしないネガティブな未来を想像して、二の足を踏んでしまう。
認知のゆがみである。現実を不正確に認識し、ネガティブな思考や感情を
生み出してしまう。

忙しい時ほどやることを書きだす。

この仕事はなぜやるのか問いかける。(仕事の質を高める)

調子のいい曜日、調子のあがる行動を知る。

相手の行動を感謝・認知する。(自分の味方を増やす)

仕事の質だけでなく量も振り返る。
成果に結びつかないのは行動に問題があると考え勝ちになる。
正しい行動を適切な量行うことが成果につながる。

5.やり抜く

ゴールを明確に設定して、行動を始める。

途中で振り返りながら、よりよい行動を続け、ゴールに至る。

伸び悩みの停滞期はごほうび効果で乗り切る。

目標を締切りを必ず数字で決める。

成功させたいからこそ悪い想定をしておく。




スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

FC2USER934313IYM

Author:FC2USER934313IYM
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR