中国に立ち向かう日本、つき従う韓国

中国に立ち向かう日本、つき従う韓国中国に立ち向かう日本、つき従う韓国
(2013/02/21)
鈴置高史

商品詳細を見る


米国の衰退、中国の伸長、日本を取り巻く国際環境は大きく変わろうと
している。日本は沖縄県・尖閣諸島を巡って中国と小競り合いを行っている。

お隣の韓国は大きな方針転換を行っている。離米従中である。
2012年韓国は軍事機密を円滑に交換するための協定を日本と結ぶはず
だったにも関わらず、調印直前になって拒否した。米国から調印するよう
強く求められたにも関わらず、中国に恫喝されて最後の段階で怯んだ。
それだけでなく韓国は中国に対して軍事協定締結を申し込んだ。
当然ながら日本や米国の機密情報が中国に筒抜けになる。
米国は日本に対して韓国へ機密情報提供をしないよう指示した。

安全保障面だけでなく、金融面でも韓国は中国との通貨スワップ協定
を延長しただけでなく、人民元の国際化に協力することを決めた。
離米従中を韓国のマスコミは隠さない。米中等距離外交、属国回帰
やむなしという意見まで載っている。

中国の空母が韓国・済州島の軍港に寄港する。
日本にとっては眼前に脅威が迫る事態が今後起きかねない。
国際状況は米中の新グレートゲームがはじまり、朝鮮半島は大きく
揺れ始めた。韓国が中国へ接近し、北朝鮮が米国へ接近すると
いったあべこべな状況が起きつつある。

朝鮮半島の内部抗争は周辺大国の勢力均衡が崩れる時に起きる。
党派がどの国と結べば侵略を防げるかを言い争う。

韓国の離米従中の背景には3つある。
韓国近海では中国の大漁船集団が操業。韓国海上警察は毎日
それらに囲まれ威嚇されている。何とか漁民を逮捕しても、中国人
に手を出すとは生意気なと北京韓国大使館が空気銃などで撃た
れるなど覇権の交代を実感している。

また1950年の米国アチソン国務長官によるフィリピン・沖縄・日本・
アリューシャン列島が米国の責任をもつ防衛ラインであるという発言
で、米国は韓国を見捨てたと北が判断して朝鮮戦争が勃発した。
それ以前の1905年の米国と日本がフィリピン・朝鮮の領有を相互に
認める桂・タフト協定を結んだという不信感もある。

更に近年では中国は韓国にとって最大の貿易相手国であり、直接の
脅威である北朝鮮に対して、中国は大きな影響力をもっている。
韓国は中国に戦争で勝ったことがない。だから従うしかないという
恐中ムードが韓国にはある。

韓国は米中間で上手く立ち回って生き残ろうと考えている。
その際のわかりやすい一つの方法は日本をスケープゴートにして
いくということです。中国から得点を稼げますし、米国に対しては
過去の問題を持ち出すことで説明できるからだ。

韓国は通貨の命綱を中国に託した。
日韓スワップ協定の打ち切りは李明博大統領の日王謝罪要求
発言に対して日本人が激怒したことが背景にある。
そして多くの韓国メディアはこのスワップは2011年秋に日本が
頭を下げてきたから結んでやったのだと、事実と正反対の情報
を流した。李明博も日本を超えた韓国を手柄にしていたため
日本に頭を下げたことを隠したかった。まさに売り言葉に買い言葉
でスワップ協定は打ち切りになった。

スワップ協定はいざいという時は、相手が必ず自分を助けてくれる
し、自分も相手を助けるという信頼関係で成り立っている。
世界の金融が極めて不安定な状況にある現在、スワップ協定が
ないより、ある方がいいに決まっている。韓国が厳しい状況にある
時に日本がドル供給を拒否したら、市場は韓国売りになる。
08年のリーマンショックの際の韓国外為市場がそうであり、日米中
とスワップ協定を結ぶことで韓国はようやく市場の信頼を得た。

ただ韓国に対する制裁という点でスワップ協定など金融面は効果
が薄い。部品・素材など韓国向けのキーパーツの輸出において
届くのが遅くなるというやり方の方が、韓国企業の生産に打撃を
与えることができる。制裁をやるならきっちりやるという考え方が
大事になる。日本をなめるとこういう痛い目に遭うというのを身に
しみてわかる方法をとらなければならない。

国際政治は再び地政学の時代へ戻ったという認識を持つべき。
地理的な環境や条件が国際政治の方向性を決める。
台頭する中国と比較優位を失うアメリカ。そこで地政学が再び
脚光を浴びることになった。中国にとって痛恨だったのはミャンマー
の民主化である。民主化によって中国陣営から再び日米欧の陣営
へ向かおうとしている。
地政学の時代には各国が国益を露骨に追求する。

中国には国内充実に力を入れるべきという考えと、外へ向かおうと
いう考えがある。海軍力を一気に増強し、米国と対等になる。
後者の考え方が強くなっている。だから東シナ海や南シナ海で攻勢
を強めている。著者は中国を攻めるには黄海での海上戦力の優勢
の優勢が必須であるとしている。

韓国は変化に対して過剰に反応している。日本は反対に鈍い。
韓国の動きを見ることで東アジアの未来が見える。
中国は調子に乗って世界中を敵に回し始めた。
米国の戦略家エドワード・ルトワックは現在の中国をかつての
新興国であったドイツや日本になぞらえています。
日本はこの状況を利用して中国のオウンゴールを誘っていく
戦略的思考が求められる。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

FC2USER934313IYM

Author:FC2USER934313IYM
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR